エアークローゼットは
組織力で社会に貢献する

株式会社エアークローゼット 代表取締役社長 兼 CEO 天沼 聰 氏

事業内容
インターネットサービス・プラットフォーム事業(月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」をはじめとしたパーソナルスタイリングサービスの運営など)
業種
サービス
導入規模
21〜50名(導入時)

サービスが良くなるかどうかは、組織力に懸かっている

法人を創った時点で、組織力で社会に貢献していきたいという想いがありました。今この瞬間も当社のサービスは動いていて、サービスがよりよいものになるかどうかは、組織力に懸かっていると思っています。ですので、組織の力を永続的に高めていくためには、エンゲージメントというものは非常に大切です。組織とメンバーは従属関係ではなく対等な立場であり、その相性を数値化し、高めていくというモチベーションクラウドの考え方に共感し、導入を決めました。

一点集中で必ずアクションを実行する

モチベーションクラウドを運用する上で、大切にしていることは、結果をもとに必ずアクションをする、ということです。それぞれの領域の執行役員とディスカッションをし「必ず1つ実行する」ということを決めています。一点集中で施策を実行すれば、しっかりスコアに反映され、組織状態は改善されていきます。経営者としては、毎回出てくるエンゲージメントスコアを直視することは、正直怖い部分もあります。けれど、メンバーにも「強い組織を一緒に創る」ということを常にメッセージしているので、ブレずに一貫してやり続けたいと思います。課題は、常に変わっていきます。その時々の課題に、向き合い続けたいと思います。

(本内容は2019年4月頃にインタビューし、特設ページ「モチベーションクラウダーズ100」に掲載していたものを転載しています。)

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る