キャディ株式会社様導入事例

ミッション実現のために組織がある

キャディ株式会社 代表取締役 加藤 勇志郎氏

事業内容
「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションとして、
製造業の受発注プラットフォームCADDiを提供
業種
その他
企業規模
51~100名
導入規模
〜20名(導入時)

グロースしていく上で組織課題が生まれることは、証明されている

当社では社員8名の時点で、モチベーションクラウドを導入しました。企業がグロースしていく上で、組織課題が生まれていくことは、これまでの数々の企業の成長過程によって証明されているので、組織が小さな段階から課題解決のためのPDCAサイクルを回してくために、導入を決めました。モチベーションクラウドは、コンサルタントがきちんと並走してくれること、期待度と満足度という診断方法、様々な項目で組織を分析できること、に魅力を感じました。

 

全力で「ことに向かえる」状態を創る

モチベーションクラウドを導入してみて、経営として真摯に結果に向き合うことが大切だと感じています。結果から逃げずに向き合い、全てをオープンにする。そうすることで、社員は当事者意識を持ちやすくなりますし、結果として組織に変化が起きていきます。

改めて、企業経営をする上で、「組織状態がいい」というのはとてもよいことだと感じます。カルチャートークやミッション・バリューセッションなど、様々な施策に時間を投資し、キャディの組織文化が創られてきていると感じますが、私たちは組織状態をよくするために経営をしているのではなく、ミッション実現のために組織があると考えます。みんなが全力で「コトに向かえる」状態を創るために、必要じゃないものは全て削ぎ落としていこう。そんなマインドを共有できていると思います。

(本内容は2019年にインタビューし、特設ページ「モチベーションクラウダーズ100」に掲載していたものを転載しています。)

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る