NEC プラットフォームソリューション事業部様導入事例

⽇々のコミュニケーションが
円滑に進むようになった

NEC プラットフォームソリューション事業部

事業内容
パブリック、エンタープライズ、ネットワークサービス、システムプラットフォーム、グローバル事業。本部署は、PCやサーバ、顔認証などのプラットフォーム商材の企画・販促を担う。
業種
機械・エレクトロニクス
企業規模
3001名~
部署規模
301~1000名(導入時)

「モチベーションチームアワード2020」を受賞された、NEC プラットフォームソリューション事業部の取り組みをご紹介します。「モチベーションチームアワード」とは、組織変革に向けた取り組みによって、エンゲージメントスコア (組織診断ツール「モチベーションクラウド」により算出) が上昇し、組織に大きな改善が見られた部署を発表するものです。

※モチベーションチームアワードおよびベストモチベーションカンパニーアワードの特設サイトはこちら

抱えていた課題

■ コミュニケーションのずれによる「意識の壁」があった

組織の⼈数が増加し部⾨間の連携が難しい、多様な社員を受容する⽂化が不⼗分などの問題があり、組織の基盤となるコミュニケーションを量と質の2軸から強化する必要があった。組織に存在する環境や制度の壁だけでなく、「意識の壁」を取り除きたいと考えた。

■ 組織の現状を把握できない

組織改善施策を考えるために必要な、組織や社員の現状把握が⼗分にできていなかった。

 

組織改善に向けて取組んだこと

■ マネージャーが積極的にコミュニケーション機会を設定

マネージャーが、1 on 1ミーティングなどのコミュニケーションの場を増やしたことで、相互理解が進んだ。

■ 他社と課題や取り組みについて議論を実施

他社とエンゲージメント向上をテーマにしたコラボイベントを開催。各社の課題や取り組みを共有し、議論した。この内容を踏まえ、各社が新たなアクションプランを実⾏していった。

 

組織改善後の状態

■ ⽇々のコミュニケーションが円滑に進むようになった

コミュニケーションの量と質が改善し、階層間、メンバー間のずれが少なくなった。

■ 組織課題が明確になり、社員が組織改善に当事者意識を持つようになった

今までぼんやりとしていた組織やチームの課題が明確になり、マネージャーやメンバーがチームへの向き合い⽅について考えるようになった。

■ 組織改善施策が全社で表彰された

社員が共有する価値観・⾏動原理をNECバリューとして定めているが、組織改善の取り組みと成果が全社で認められ、バリュー実践賞として全社で表彰された。

 

今後に向けて

社員を応援して任せ、⾒守る⾵⼟を⼤切に、メンバー皆が楽しくやりがいを持って働ける組織にしていきます。

 

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る