Case

導入事例

他社と比較することで
納得感が生まれ、
やるべきことが明確になった

株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者)梅田 優祐氏

会社紹介
BtoB向け企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」、BtoC向け経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」を提供。
業種
EC/ポータル/ASP/サイト運営
従業員数
101〜300名(導入時)
株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者)梅田 優祐氏

株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者)梅田 優祐氏

「組織が競争力を決める」。IT 業界は特にそうだと考えているので、組織は永遠のテーマで、経営者として最もマインドシェア高く取り組んでいる課題です。経営者として実際に見たこと・聞いたことをベースに、組織課題の優先順位をつけられていた時代を経て、従業員規模が100名を超えたあたりから、温度感を持って組織の状態を把握することが難しくなってきました。
また、把握ができたとしても非常に時間がかかるようになったんですね。すべての物事の出発点となる「現状を正しく把握する」ことが難しくなっている状況を解決するために、モチベーションクラウドの導入を決めました。自社結果への納得感はもちろんありましたが、それだけでなく他社比較ができることが、最も大きな価値ですね。
よくありがちな「自分の前職との比較」のような主観的な感覚論では、組織の課題を正しく捉えることはできません。多くの実績をサンプルにした偏差値という数値で提示され他社と相対化されることに、説得力を感じています。

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。