News

新着情報

2018.07.27

ワークスアプリケーションズ、モチベーションクラウド導入。営業組織の生産性を高め、パフォーマンス最大化を目指す

株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部2170、以下当社)が開発・提供する、国内初の組織改善クラウド「モチベーションクラウド」は、ERPパッケージの国内シェアNo.1*を確立している株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区 /代表取締役最高経営責任者:牧野正幸氏)への導入が決定いたしましたので、お知らせいたします。

営業組織の生産性を高め、パフォーマンス最大化を目指す

ERPパッケージの国内シェアNo.1*を確立している同社は、”企業の情報投資効率(ROI)を世界レベルへ”高めることを目指し事業を営んできました。

同社はこの度、更なる成長に向けて営業組織のパフォーマンスの最大化を目指し、特定の部門から「モチベーションクラウド」の活用を開始します。

「モチベーションクラウド」は、組織毎に組織状態が定期的に偏差値(=モノサシ)で算出されるため、“組織毎にマネジメントレベルの状況を可視化し、可視化された内容に基づき各組織で改善策を立案、更に実行と促進がサポートされるツール”です。これにより、営業全体のマネジメントレベルを管理し生産性向上を図ることが出来ます。

同社ではこれまでも、営業活動の管理ツールを導入するなどして営業活動の数値化に取り組んでおり、今後は営業プロセスの更なる強化を図っていきます。

「モチベーションクラウド」の活用をはじめ、さまざまな施策を実施していくことで、組織のマネジメントレベルの底上げ・強化及び、営業社員のモチベーションマネジメントを実現させ組織のパフォーマンスの最大化を目指します。

 

*市場占有率推移(パッケージ市場)販売社数シェア 2016年度 

出典:株式会社富士キメラ総研 ソフトウェアビジネス新市場 2017年版