catch-img

採用戦略とは?重要性や立案の流れ、成功のポイントを徹底解説

現代の競争激化するビジネス環境において、優秀な人材を確保し、組織の持続的な成長を支えるためには、効果的な採用戦略の策定が不可欠です。採用戦略は、企業の核となる資源である人材を獲得し、保持するための戦術を包括的に構築するプロセスです。

この記事では、採用戦略の重要性と、戦略を立てることのメリットに焦点を当て、企業が直面する挑戦を克服し、競争力を強化するための具体的なアプローチをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.採用戦略とは何か?
  2. 2.採用戦略が重要視されている背景
  3. 3.採用戦略を立案するメリット
  4. 4.採用戦略の立て方・流れ
  5. 5.採用戦略を進める際のポイント
  6. 6.組織変革のことならモチベーションクラウド
  7. 7.まとめ


採用戦略とは何か?

採用戦略は、企業が適切な人材を効果的に見つけ、採用し、維持するための計画的な方法です。この戦略は、企業の目標と文化に合致する候補者を特定することから始まります。

効果的な採用戦略には、ターゲットとなる人材の決定、適切な採用チャネルの選択、求人の魅力的な記述、面接プロセスの最適化が含まれます。また、採用後のオンボーディングとキャリア開発の機会を提供することも重要です。これにより、企業は優秀な人材を引きつけ、長期的に保持することができます。

採用戦略が重要視されている背景

近年、多くの国々で労働人口の減少と人手不足が顕著になっており、これが企業における採用戦略の重要性を一段と高めています。

労働人口の減少と人手不足

労働人口の減少は、特に先進国で深刻な問題となっています。高齢化社会の進展により、労働年齢人口が減少し、若年層の労働力も不足しています。この人口動態の変化は、企業にとって新たな人材を確保し、保持することをより困難にしています。

さらに、労働力不足の影響は、経済全体にも波及しています。企業は、人材の不足により生産性が低下し、競争力が損なわれる可能性があります。また、需要が増えている分野でも、十分な労働力が確保できないため、ビジネスの成長が制約されることがあります。

有効求人倍率の上昇

また、有効求人倍率の上昇は、求職者にとってはより多くの選択肢があることを意味します。これにより、求職者は自分に合った職場やポジションを選ぶことができます。一方で、企業側はより競争力のある採用戦略を展開する必要があります。

求職者が豊富な選択肢を持つ市場では、企業は単に職を提供するだけでなく、魅力的な職場環境やキャリア開発の機会を提供することで、優秀な人材を引きつけなければなりません。そのため、企業は自社の魅力や強みをアピールし、求職者にとって魅力的な選択肢となるよう努力する必要があります。

採用戦略を立案するメリット

採用戦略を立案することで、企業にとって多くのメリットがあります。ここでは、代表的なメリットについてご紹介します。

採用効率の向上とコスト削減

採用戦略を効果的に立てることで、採用プロセスが効率化され、不必要なコストを削減できます。明確な戦略により、適切な候補者を迅速に特定し、選考プロセスを最適化できるため、採用にかかる時間とリソースが大幅に減少します。このようにコストを削減し、リソースを他の重要な事業活動に再分配することが可能になります。

早期退職・ミスマッチの防止

採用戦略を策定することで、企業と候補者の間のミスマッチを減らし、早期退職を防ぐことができます。候補者のスキル、経験、価値観が事前に明確にされているため、企業文化に合致し、長期的に貢献できる人材を見つけることが可能です。結果として、人材の定着率が向上し、新規採用に伴うコストと時間の削減につながります。

応募者の増加

効果的な採用戦略は、求職者に対して魅力的な企業イメージを構築し、応募者数を増やす効果があります。特に、ソーシャルメディアやキャリア関連ウェブサイトを通じての積極的な採用マーケティングは、企業への関心を高め、より多くの質の高い応募を促します。これにより、選考の幅が広がり、最適な候補者を選ぶ機会が増えます。

採用戦略の立て方・流れ

採用戦略を立てて実行する際には、いくつかのステップがあります。ここでは、採用戦略の立て方や実行の流れについてご紹介します。

ニーズ分析と計画立案

まず、現在および将来のビジネスニーズに基づいて、必要な人材を特定します。これには、組織の目標、プロジェクトの要件、部門別の人員配置などを考慮に入れる必要があります。また、ビジネスニーズの分析に加えて、市場のトレンドや競合状況なども考慮に入れることが重要です。

この段階でSMART(具体的、測定可能、達成可能、関連性、時間的制約)目標を設定することで、戦略的な方向性と明確な計画が立てられます。さらに、目標の達成に向けて、適切な人材の獲得やトレーニングプログラムの実施なども検討することが重要です。これにより、組織の能力向上や成果の最大化が可能になります。

採用ペルソナの作成

次に、求める候補者の特性を明確に定義します。これには、必要なスキル、経験、教育背景、そして企業文化に合う性格や価値観などが含まれます。また、候補者のコミュニケーション能力やリーダーシップスキル、チームワーク能力なども重視されます。

さらに、求められる特性に加えて、候補者が持つべき業界知識や最新のトレンドに対する理解も求められる場合があります。このペルソナは、効果的な求人広告の作成や選考プロセスの基準となり、採用チームが求める理想的な候補者像を反映しています。

採用チャネルの選定

求職者を見つけるための方法を決定します。オンライン求人サイトやソーシャルメディア、キャリアフェア、大学のキャリアセンター、リファラル(紹介)プログラムなど、さまざまなチャネルが利用できます。

ターゲットとする候補者の層に最も効果的なチャネルを選択することが重要です。また、求職者とのコミュニケーションを強化するために、定期的なメールニュースレターやウェビナーなどの新しい手法を取り入れることも検討してください。さらに、求職者の関心やニーズに合わせて、より具体的な求人情報やキャリア成長の機会について詳細を提供することも大切です。

魅力的な求人広告の作成

候補者を引きつけるためには、魅力的で明確な求人広告が必要です。求人広告は、企業が求める人材像や職務内容だけでなく、求める資格やスキル、企業文化、報酬体系、キャリア成長の機会など、候補者が知りたい情報を詳しく伝える必要があります。

さらに、企業のブランドや価値観を反映させることで、候補者にとって魅力的な環境や成長の機会を提供していることをアピールすることが重要です。求人広告を通じて、適切な候補者の関心を引き、企業の理想的な人材を採用することが目指されます。

選考プロセスの実施

履歴書のスクリーニング、初期面接、適性検査、最終面接など、段階的な選考プロセスを設定します。各ステージでの基準を明確にし、客観的かつ公平な評価を行うことが重要です。この過程で、候補者のスキルだけでなく、企業文化への適合性も評価します。

さらに、選考プロセスにはさまざまな要素が含まれます。例えば、書類選考の際には、応募者の学歴や職務経歴を注意深くチェックし、適性検査では候補者の能力や性格特性を評価します。

オファーと交渉

選ばれた候補者に職務オファーを提出する際には、給与や福利厚生に関する交渉も行います。また、この段階では、候補者が他のオファーを検討している可能性もあるため、私たちは迅速かつ柔軟に対応する必要があります。

候補者のニーズや要望に合わせて、最適な条件を提案し、彼らが私たちのオファーを受け入れるように説得するための努力も必要です。さらに、候補者が抱える疑問や不安に対しても丁寧に説明し、信頼関係を築くことも重要です。

オンボーディングとフォローアップ

採用された候補者がスムーズに組織に溶け込めるよう、適切なオンボーディングプロセスを用意します。初日のオリエンテーションでは、会社のビジョンや文化について詳しく説明し、新入社員がすぐに仕事に取り組めるようにサポートします。

さらに、メンターシッププログラムを導入し、ベテラン社員が新人を指導し、アドバイスを提供することで、円滑な組織への適応を促進します。また、新入社員には定期的なフィードバックの機会も与え、彼らの成長と発展を支援します。

採用戦略を進める際のポイント

採用戦略を効果的に進める際には、いくつかおさえておくべきポイントがあります。ここでは、代表的な採用戦略を進める際のポイントについてご紹介します。

戦略は社内で共有する

採用戦略を社内で共有することは、組織全体の調和と効率性を高めます。すべての部門が採用目標とプロセスを理解し、支持することで、一貫したメッセージと企業文化が候補者に伝わります。また、社内の異なる部門からの意見や知見を採用戦略に取り入れることで、より多角的かつ効果的なアプローチが可能になります。

フィードバックを行いPDCAを回す

採用プロセスにおける定期的なフィードバックとPDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルの実施は、継続的な改善を促します。各ステージでの成果を評価し、必要に応じて戦略を調整することで、採用効率の向上と質の高い人材確保が可能になります。この反復的なプロセスは、市場や組織の変化に柔軟に対応するために重要です。

人事体制を整備する

効果的な採用戦略を支えるためには、適切な人事体制の整備が不可欠です。専門的な人事チームを配置し、適切なリソースとトレーニングを提供することで、採用プロセスの専門性と効率性が向上します。また、人事チームが最新の採用トレンドやテクノロジーを追いかけ、それを戦略に統合することで、企業は競争優位を維持することができます。

組織変革のことならモチベーションクラウド


リンクアンドモチベーションは、導入実績8,740社、237万人以上という国内最大級のデータベースによる精度の高い組織診断と、コンサルタントの併走による実行力のある改善を行ってきました
・業績が上がらず、組織にまとまりもない
・いい人材の採用や育成が進まない
・給与や待遇への不満が挙がっている
といったお悩みをお持ちの企業様へ最適なサービスをご提供します。
▼モチベーションクラウドの具体的な機能や得られる効果が分かる資料 「3分でわかるモチベーションクラウド」はこちら

まとめ

この記事を通じて、採用戦略が企業の成功に不可欠であることが明らかになりました。戦略を社内で共有し、フィードバックを活用してPDCAサイクルを回すこと、そして人事体制を整備することは、採用プロセスの効率化と人材の質の向上に直結します。

これらのステップを踏むことで、企業は適切な人材を引きつけ、維持し、組織全体のパフォーマンスを向上させることが可能です。最終的に、効果的な採用戦略は、企業が競争力を保ち、市場での成功を維持するための重要な要素であり、これを実現するためには継続的な努力と適応が求められます。

執筆者:LM編集部
執筆者:LM編集部
理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

エンゲージメント向上施策集

エンゲージメント向上施策集

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

あなたの組織にも、課題はありませんか?