catch-img

ノンバーバルコミュニケーションとは?メリットや活用すべきビジネスシーンをご紹介


目次[非表示]

  1. 1.ノンバーバルコミュニケーションとは?
  2. 2.メラビアンの法則について
  3. 3.ノンバーバルコミュニケーションのメリット
  4. 4.ノンバーバルコミュニケーションが効果的なビジネスシーンと事例
  5. 5.ノンバーバルコミュニケーションのポイント
  6. 6.記事まとめ


ビジネスシーンや日常生活において、物事を円滑に進めることや信頼関係を構築する上で、コミュニケーションの重要性をよく耳にするかと思います。その際、話している内容だけでなく、話し方や表情、ジェスチャーなども重要な意味を持つことを皆さんも経験されていることでしょう。

今回の記事では、ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)をテーマに取扱い、その種類やメリット、具体的な事例についてご紹介します。

ノンバーバル表現について知り、コミュニケーションスキルを高めたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼ コミュニケーション溢れる【良いチーム】を作るポイントとは?資料はこちら

ノンバーバルコミュニケーションとは?

ノンバーバルコミュニケーションとは、言語以外のコミュニケーションのことを指します。

コミュニケーションというと、言語による他者との意思疎通をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし実際には、人は言語情報だけでなく、非言語情報からも相手から大きな影響を受けていることがわかっています。ノンバーバルコミュニケーションの具体例は下記になります。

  ①(高さ、速度、アクセント、間の置き方など)
  ②動作(表情、視線、ジェスチャー、姿勢など)
  ③見た目(服装、髪型、化粧、持ち物など)
  ④物理的環境(家具、照明、温度など)

他者とのコミュニケーションの中で、言語情報以外にも視覚や聴覚などといった五感を活用しながら情報受信をしており、人間はそれらの情報をもとに様々な印象を受けます。

例えば他者とコミュニケーションをしている中で、相手がいつもより目を合わせてくれない時、あなたはどう思うでしょうか。

「退屈そう」「懐疑的」「非同意的」といった印象を持つと思います。また、相手がいつもより声のトーンが低い時、「自信がなさそう」「疲れていそう」といった印象を持つと思います。

このように、人間は非言語情報をもとに判断することが多いので、物事を円滑に進めたり、信頼関係を構築するためには、ノンバーバルコミュニケーションも鍛えいていくことが重要なのです。

メラビアンの法則について

ノンバーバルコミュニケーションの重要性をご理解頂くために、メラビアンの法則をご紹介します。

メラビアンの法則とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが発表した法則です。

この法則は、人間が他者とコミュニケーションをする際、相手から受け取る全ての情報を100%と仮定した場合、相手の発せられる言語情報は全体のわずか7%であり、残りの93%は非言語情報(聴覚・視覚情報)になるということです。

人間がいかに非言語情報から影響を受けているかがわかります。

参考までに、7-38-55ルールについてもご紹介します。

こちらはメラビアンの法則の別名であり、人間は他者とのコミュニケーションの中で、下記の割合で影響を受けているとされております。

  言語情報:7%(話の内容)
  聴覚情報:38%(声の高さ、速度、アクセント、間の置き方など)
  視覚情報:55%(表情、視線、ジェスチャー、姿勢など)

このような学術的背景からも、ノンバーバルコミュニケーションの重要性がわかります。メラビアンの法則に基づき、ノンバーバルコミュニケーションスキルを高めていくことで、自分が伝えたい内容を、何倍にも魅力的に伝えることができます。

ただし、メラビアンの法則は「非言語コミュニケーションが一番大切である」と結論付けているわけではありません。

メラビアンの法則は言語・視覚・聴覚において、特殊な環境下でどの情報が優先されるかを実験してわかった結果に過ぎません。

そのため、全てのコミュニケーションシーンにおいて、この割合が当てはまるというわけではないことを正しく認識することが重要です。特にビジネスにおいては、非言語コミュニケーションと同時に当然言語コミュニケーションを鍛えていくことも重要です。

▼メラビアンの法則に関する記事はこちら
メラビアンの法則とは?意味や重要性・ビジネスへの活用方法を解説

ノンバーバルコミュニケーションのメリット

続いて、ノンバーバルコミュニケーション活用によるメリットをお伝えします。

■言葉では伝えきれない気持ちなどを補完する

前提として”人は裏メッセージによって判断する”という感覚を持つことが大切です。

例えばビジネスシーンにおいて、一生懸命考えた提案をお客様に実施する際、髪の毛に寝ぐせがついていたり、視線をキョロキョロさせたり、貧乏ゆすりをしたりすると、相手にはどんな情報が伝わるでしょうか?これらの様子から「寝坊しました」「自信がないです」「早く終わってほしいです」というような情報が相手に伝わるかと思います。

私たちは会話をする前から見た目や表情、姿勢などからコミュニケーションは始まっているということを認識するべきです。

逆に言えば、伝えたいメッセージが整理されていなかったとしても、ノンバーバルコミュニケーションを駆使することで、そのメッセージの浸透度の向上であったり、相手に好印象を与えることができるということです。

■安心感を与え、期待を形成する

他者との対話の中で、ノンバーバルコミュニケーションを適切に取り入れることで相手に安心感を与え、会話がしやすい雰囲気を作ることができます。

例えば、ある上司が部下AさんとBさんに対し、「この部分を変えればもっと良くなるから、頑張っていこう!」というメッセージを伝えたとします。

その際のリアクションとして、言語では2人とも同様に「ありがとうございます。頑張ります!」と言っていたとしましょう。

しかし、非言語ではAさんは上司と目線を合わせず、小声で返事をしている。

一方、Bさんは目線を合わせ、笑顔でハキハキと返事をしていたとしたら、上司はどちらに期待をかけたいと思うでしょうか。答えは明らかにBさんでしょう。

このようにノンバーバルコミュニケーションの質は、相手からの期待形成にも強く影響することがわかります。

■相手の本当の気持ちを読み取れる

自分のノンバーバルコミュニケーションに対する意識を高めることで、相手の状況や状態を、言語情報だけでなく、非言語情報からも読み取るスキルが各段に高まります。

その理由は、非言語情報である声や動作や見た目などは、相手の感情や置かれている状況によって変わるためです。

例えば、体調不良になったAさんがいたとします。言語情報のみではいくらでも相手に対し体調が悪化していることを隠すことができます。

しかし、表情や声の大きさなどの変化は無理をしてでも隠すことは困難です。

このように、相手の本当の状況や状態は言語情報ではなく非言語情報に現れます。相手のちょっとした変化に気が付くことができるようになれば、心配したり気遣いの対応ができたりします。

つまり、ノンバーバルコミュニケーションを鍛えることで、相手の本音を察することや空気を読めるようになるスキルを獲得できます。

ノンバーバルコミュニケーションが効果的なビジネスシーンと事例

ビジネスシーンでは、論理的かつ説得力のあるメッセージを伝えることが求められる一方、表情や身振り手振り、声のトーンなどのノンバーバルコミュニケーションスキルによって、より短時間で相手からの信頼を獲得することが重要になります。

どんなシーンにおいて、ノンバーバルコミュニケーションが役に立つのでしょうか。効果的なビジネスシーン4点についてご紹介します。

■プレゼンテーション

プレゼンテーションとは、相手に売り込みたい企画やテーマを、あらゆる手法を使って効果的に説明することを指します。

プレゼンテーションの際、聞き手側は話者の話している内容だけでなく、視線・表情・服装・話すスピードにも注目をするため、ノンバーバルコミュニケーションスキルによって、プレゼンテーションの効果が高まります。

■スピーチ

スピーチとは日本語訳すると「演説」になり、多くの人の前で話すことを指します。

スピーチの際、声(高さ、速度、アクセント、間の置き方など)や動作(表情、視線、ジェスチャー、姿勢など)を意識することで、スピーチの内容が聞き手側にとってより魅力的に聞こえるようになります。

■面接

新卒中途問わず、就職活動のシーンでは面接官はわずか数十分の間で、志望者を見極めなければなりません。

面接官は、判断に必要な情報量が少ない為、非言語情報を重視する傾向があります。そのため、ノンバーバルコミュニケーションスキルによって、面接の際のパフォーマンスが大きく変わります。

■研修

よくある企業研修では、参加すると初対面の相手と協働しながら、グループワークに取り組みます。

参加者同士が信頼関係を早めに構築することで、研修での学習内容の学びも深まりやすくなります。信頼関係を早めに構築する為には、会話をしながらノンバーバルコミュニケーションを工夫していくことが重要になります。

ノンバーバルコミュニケーションのポイント

ここまで、ノンバーバルコミュニケーションがいかに「相手の認識」に影響を与えているのか?についてご紹介してきました。

本記事での最後には、「この人に時間を投資したい」「また会いたい」と思ってもらえるようなビジネスパーソンへとなれるよう、ノンバーバルコミュニケーションの具体的なポイントについてお伝えします。

NG例・OK例でポイントを記載しているので、是非参照頂きながら、セルフチェックをしてみてください。

■声の高さ、速度、アクセント

NG例:通常の声のトーン  OK例:通常より1トーン高く

NG例:早口でまくし立てる OK例:落ち着いてゆっくりと

NG例:語尾を伸ばす    OK例:語尾はハキハキと

■間の置き方、発言のタイミング

NG例:相手の話に被せて発言する       OK例:相手の話を最後まで聞いてから発信する

NG例:重要な内容のメールへの返信が遅れる  OK例:重要な内容のメールに即時返信する

NG例:間髪いれずに話し続ける        OK例:メッセージの区切りごとに間を置く

NG例:間をおかずにメインメッセージを伝える OK例:大事なメッセージの前に1クッション置く

■視線、ジェスチャー、姿勢など

NG例:話し手の目を見ない        OK例:話し手に顔を向けしっかり目を見る

NG例: 頷かず、メモを取らない      OK例:メモを取りながら話を聞く

NG例:聞き手と目を合わさずに話す    OK例:聞き手に視線を送りながら話す

NG例:特定の相手にばかり視線を送る   OK例:全員に対して目を配りながら話す

NG例:ジェスチャーが全くない      OK例:強弱をつけるために適度にジェスチャーを使う

■対人距離、着席位置など

NG例:過度に近接して対話・着席する   OK例:相手のパーソナルスペースを超えないよう接する

NG例:ボディタッチをする      OK例:相手のパーソナルスペースを超えないよう接する

NG例:会食の場で意図のない位置に座る OK例:人と配置を意図的にデザインする

■被服、化粧、持ち物など

NG例:皺や汚れのある衣服      OK例:アイロンがかかった清潔感の衣服

NG列:ぼろぼろに傷んでいる靴     OK例:手入れがされ汚れがない靴

NG例:チープなノートやペン      OK例:相手情報を書き記すために失礼ないノートやペン

NG例:雑に折りたたんだビニール傘   OK例:丁寧に折りたたまれた傘    

■見た目のチェックリスト

髪:寝ぐせ、フケがないか/髪色や長さは適切か

顔:髭のそり残しはないか/過度な化粧や化粧崩れはしていないか

スーツ:汚れ、テカリはないか アイロンはかけられているか/ズボンに折り目が入っているか

手元:爪が伸びすぎ・派手な色ではないか/爪先に汚れがないか

足元:靴は磨かれているか/靴下の色は適切か(黒・グレー・濃紺はOK・白はNG)

女性:スカートの丈が短すぎないか/ヒールが傷んでいないか(カツカツ音はNG)

記事まとめ

いかがでしたでしょうか。ビジネスや日常生活など、さまざまな目的やシーンにて、ノンバーバルコミュニケーションの重要性をご理解いただけたのではないでしょうか。

人は余裕の持てない状況下ほどノンバーバルに表出します。しかし、いくら自分にとって望ましくない状況であったとしても、自分を律し、相手にとって気持ちの良いノンバーバルに目を向けていくことで、より多くの信頼を獲得していきましょう。


階層間のコミュニケーションを活発化させるための施策とは?サイバーエージェントの事例をご紹介!

 
LM編集部
LM編集部
理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

おすすめコラム

心理的安全性とは?効果や測定方法、作り方について徹底解説

生産性の高いチームづくりのためには「心理的安全性」が重要だとよく言われるようになりました。コロナ禍、リモートワークの一般化が進む中でコミュニケーション…

ホワイト企業とは?認定の基準や特徴、企業例を紹介

近年、「働き方改革」や「新型コロナウイルスの影響」による個々人の仕事・働き方への意識の変化が大きくなっています。それに伴って、「新卒の離職率が高い」…

エンゲージメントとは?メリットや高める方法について解説

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…

慶弔休暇とは?取得できる日数や注意点、対象となるケースや導入方法を解説

皆さんは「慶弔休暇」をご存じでしょうか?慶弔は「けいちょう」と読み、慶弔休暇とは喜ばしく祝う出来事である「慶事」、おくやみごとや不幸な出来事である「弔…

自己効力感とは?3つのタイプや高めるための方法、自己肯定感との違いも解説

自己効力感とは、自分がある状況において、目標達成したり、遂行できる可能性を認知していることを指します。その自己効力感を強く持てる人材は、ビジネスシーン…

マネジメントとは? 定義や役割・今後必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

人気記事ランキング

※過去1週間のPV数より集計

新着記事

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社