catch-img

メンバーが変わっても、組織のDNAは変わらない。 ブレックス「らしさ」で魅力のあるチームづくりを目指し続ける。

Bリーグ初代チャンピオンに輝いた「リンク栃木ブレックス」。チーム創設から今までの約10年間、チームづくりに情熱を注ぎ続けてきた人物が、取締役副社長の藤本光正氏だ。

「栃木では無理だ、やめておけ」という逆風の中、マンションの一室で生まれたチームは、いかにしてチャンピオンへと駆け上がったのか。

日本で一番有名なバスケットボール選手:田臥勇太選手の獲得をはじめ、低迷期を経てから現在まで右肩上がりに黒字が続く球団経営のエピソードから見えてきたのは、スポーツという枠にとどまらない、組織づくりにおける経営者の苦悩と喜びだった。

組織戦略によって実現されたブレックス優勝の軌跡を綴った、後編。

株式会社栃木ブレックス 取締役副社長 藤本 光正氏

インタビュアー
株式会社リンクアンドモチベーション 執行役員 モチベーションクラウド事業責任者 麻野 耕司

取材日
2017年9月1日

NBA挑戦中だった田臥選手を獲得できた舞台裏。

麻野 耕司(以下、麻野):藤本さんがリンクアンドモチベーション出身(2006年新卒入社。

当時、株式会社リンクアンドモチベーションの子会社だった株式会社リンクスポーツエンターテインメントへの転籍後、現在は資本関係のない株式会社栃木ブレックスの取締役副社長を務める)ということはあまり知られてないですが、リンク栃木ブレックス(以降、ブレックス)には、立ち上げ期から関わっているんですよね。

藤本 光正氏(以下、藤本氏):そうですね。2006年にリンクアンドモチベーションに新卒で入社したんですが、異動辞令が出て、その年の12月には栃木へ引っ越しました(笑)。

実質は私一人が住み込みでやっているような状態で。6畳一間のマンションの一室で、「まずインターネット引かなきゃ」というところから始まったんです。

チーム名も決まっていないし、選手もまだいない。「JBL」というリーグ名を出しても、周囲の人は誰もピンとこない時代でしたね。

栃木に引っ越したばかりの頃は、スポンサーのお願いに企業を回っても、バスケット協会の方にお会いしてビジョンをお話しても、口を揃えたように皆さんから「無理だからやめておけ」と言われました。

「栃木は保守的で、大きな企業もないし、スポーツは根付かないから、可能性がない」と。でも、今のブレックスを見てもらえばわかるように、こんなに地域に根付いている。

チーム発足時の周囲の固定概念にとらわれず、困難に見える状況にも「何か解決策があるはず」とチャレンジをし続けてきた結果だと思います。

実はブレックスというチーム名は、BREAK THROUGH(現状を打破する)という言葉の発音からつくった造語なんですが、チーム発足時から常に、常識や固定観念にとらわれずに動いてみる精神があって、今はそれがDNAになっていると思います。

麻野:田臥選手の獲得もまさに、BREAK THROUGHのDNAが発揮されたエピソードだと思います。

藤本氏:ブレックスとしては2シーズン目となる2008年に田臥勇太選手が入団したんですが、こんな新参者のチームが田臥選手を獲得するなんてバスケットボール関係者は誰も思っていなかったと思います。

その頃田臥選手はNBAに挑戦中で、日本中がその動向を見守っているような状況でした。でも、声をかけてみるというチャレンジだけはできるからと、ロサンゼルスのエージェントに電話をしたんです。

対応は、当然のごとく「田臥はNBAしか考えていないから、アプローチしても意味はないですよ」というものでした。この段階では業界の常識が正しかったんですね。

普通だったらここで諦めてしまうかもしれません。でも、「なんとか粘ろう」と当時の社長の山谷さん(現:サイバーダイン茨城ロボッツ代表取締役社長の山谷拓志氏)と話をして、作戦を練りました。

で、営業の方には覚えがあるかもしれませんが、「近くまで来たので資料置いていっていいですか作戦」をしようということになりました(笑)。

なので、資料を持ってアメリカまで行ったんです、全くアポなしで。エージェントの方は、驚いていましたね、「本当にアメリカまで来たんですか?!」と。

結果的に、エージェントの方と会うことができ、2時間近く話を聞いてくれたんです。せっかくの機会だからと、「どれだけ田臥という日本一の選手をブレックスに欲しいのか」を精一杯伝えました。

そして、その一ヶ月後にもまた、「近くに来たから」と言って、エージェントに会いに行ったんです。このときも話は聞いてもらえましたが、「あくまでも田臥はアメリカ挑戦中だからね」と、釘を刺されるような感じでした。「何かあったら連絡します」くらいのトーンです。

そうしたらその一ヶ月後に、突然エージェントから連絡が入ったんです。「田臥が日本に帰るから、ブレックスからオファーを出してくれ」と。驚いたなんてものじゃなかったですね。

そこからは目まぐるしく進んでいきました。こちらからのオファーにもすぐに合意してくれて、数日後には来日し、入団記者会見をしました。

日本中が、田臥選手の入団理由が気になっていたと思います。日本人で唯一NBAのコートに立った選手が、日本に帰ることが決まり、まだ誕生したばかりのチームに入団するわけですから。

今でもよく覚えているんですが、田臥選手がその時記者に返答していた入団理由は「ブレックスが熱心に誘ってくれたから」というものだったんです。

バスケットボール界の常識の中で動けば、誰も田臥選手にここまで粘り強くアプローチなんてしなかったと思います。

ですが、「常識を打ち破っていこう」、つまり「BREAK THROUGHしよう」というブレックスの精神に基いてチャレンジしたことが、良い結果につながった象徴的なエピソードだったと思います。

麻野:「入りたいと言ってくれる人材から選ぶのではなくて、獲りたい人材を口説け!」ということは、採用コンサルティングの場面でもお伝えするんですが、まさにそのお手本のようなエピソードですね。

成長している企業はそういう採用をやっています。

例えば、モチベーションクラウドで組織開発の支援をさせていただいている株式会社メルカリが採用した、ジョン・ラーゲリン氏は、Facebookでバイスプレジデントを務めていた人物です。

マーク・ザッカーバーグ氏の直下で仕事をしていてFacebookのトップ20に入るような世界レベルの逸材を口説こうなんて、普通は考えないと思うんです。

もの凄いエピソードだと思いましたが、田臥選手の獲得も同じようなインパクトがありますね。

新スローガン「BREX MENTALITY」で証明する、個人ではなく組織で勝ち続けられるチーム。

麻野:最後に今シーズンへの思いを聞かせてください。

藤本氏:改めて、「ブレックスとはどんなチームなのか」という根本に立ち返りたいと思っています。

引退も含めてですが中心となっていた選手がチームを去り、新監督も就任して、顔ぶれが変わりましたが、人が変わったからチームが変わってしまうのではなくて、本来的な組織の「らしさ」は変わらないはずだと思っています。

「ブレックスは普遍だ」ということを証明する一年にしたいです。その思いを込めて、今シーズン通してのスローガンは「BREX MENTALITY(ブレックスの精神)」としました。

「BREAK THROUGHの精神」、「決して諦めない気持ち」、「強く愛されるモチベーションあふれるチーム」、「チームを取り巻くすべての皆さんをリンク(連鎖)させる」。

そういった、ブレックス「らしさ」とも言える考え方・精神性。これらを総じて、「BREX MENTALITY」と呼んで、チームの構成員が変わった今だからこそ、「ブレックスは面子が変わっても変わらずブレックスだね」と言ってもらえるチームにしたいと思っています。

メンバーがかなり入れ替わったので、チームの連携プレーが機能し始めるには時間がかかってしまうと思います。競合チームも、どんどん戦力アップを図ってきており、強豪ひしめく状況です。

なので、正直今シーズンのチャレンジはかなり険しい道のりになると思っています。もしかしたら、なかなか勝てない状況が続いたりするかもしれません。

しかし、そういう状況だからこその「BREX MENTALITY」というスローガンだと思っています。

「常に新しいことにチャレンジし、どんな困難に直面しようとも、必ず何かの打開策を見つけ出そう」という「BREAK THROUGH」の考え方が「BREX MENTALITY」の最も重要なパーツです。

厳しさが予想されるシーズンだからこそ、まさにこの精神を大切に、仮に結果が出ない苦しいタイミングがやってきたとしても、下を向かず「どんなハードルが訪れても、必ず何か打開策を見出そう」という精神でシーズンを戦っていきたいと思います。

麻野:藤本さんがブレックスでの約10年間で学んだことは、監督も選手も変わっていく中で、普遍的に勝利を収めたり、ファンに愛されたりし続けるためには、メンタリティが大切だということですね。

メンタリティが組織のDNAとして流れていれば、どれだけ人が変わったとしても、魅力的な良いチームがつくれる。今年のブレックスで証明してみせるという強い決意を、受け取りました。

藤本さんと私は今は所属する組織は違いますが、根底に流れる思想はまさに同じで、非常に嬉しく思いました。

BREX MENTALITYで実現するチームの様子を、ひとりのファンとして、そして組織人事のコンサルタントとして、これからも応援したいと思います。

▼こちらの関連記事もご覧ください▼

本編の前編となる「組織戦略で掴み取った、Bリーグ初代チャンピオン。 プロバスケットボールチーム、リンク栃木ブレックス優勝の舞台裏。」はこちら

※本記事中に記載の肩書きや数値、固有名詞や場所等は取材当時のものです。

新着記事

ワークシェアリングとは? メリット・デメリットや導入方法を徹底解説!

2021-07-30 20:15

ワークシェアリングという言葉をご存知でしょうか。働き方改革が進められる中で、その手段の一つとしてワークシェアリングが注目を集めるようになりました。 ワークシェアリングとは、簡単に言えば複数の従業員で仕事を分け合い、労働者一人あたりの負担を減らし雇用を生み出すことができる方法です。 本記事では、ワークシェアリングの概要や導入のメリット・デメリット、更に導入の方法について説明していきます。

チームビルディングとは?目的やメリットは?取り組み事例もご紹介

2021-07-27 13:00

メンバーひとりひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できるチームを組まなければ、ビジネスにおいて成果は残せません。 また「良いチーム」といっても、目的や環境により、その目指すべきチーム像は異なります。一方で、どのようなチームであったとしても、意識すべき共通点もあります。 今回は、一様には捉えにくいチームというものに対して、どのようなチームにおいても必要となる「チームビルディング」をテーマに紐解いていきたいと思います。

自己効力感とは?高めるための方法や自己肯定感との違いも解説

2021-07-25 13:00

自己効力感とは、自分がある状況において、目標達成したり、遂行できる可能性を認知していることを指します。 その自己効力感を強く持てる人材は、ビジネスシーンでも積極的に挑戦したり、周囲にも良い影響を与えるため、マネジメントの分野においても非常に重要なテーマといえるでしょう。 今回は、自己効力感とは何かを紐解きながら、そのメリットや高める方法について、具体的にご紹介していきます。

シナジー効果の意味や種類は?ビジネスにおけるメリットを簡単に解説

2021-07-23 13:00

高度経済成長期以降、消費者・市場のニーズは多様化しており、ひとつのヒット商品が売れ続けるという事があまり見られなくなるようになりました。 特に昨今のコロナ禍での先行きが不透明な景況下ではこれまで以上に「企業としての新しい価値提供」が求められるようになっています。 その中で、企業の持つヒト・モノ・カネを企業内外で活かし合うシナジー効果による新たな市場開拓や既存市場での差別化が収益拡大や企業存続に繋がります。 多くの企業が注力しているシナジー効果について、その意味や種類、ノウハウを本記事ではご紹介します。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド 入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社