関西企業特集企画 THE SUN RISES IN THE “WEST” 株式会社八百鮮「日本一かっこいい八百屋」を実現するための組織創り

2020-05-25 18:23

株式会社八百鮮は、ビジョン「八百屋を、日本一かっこよく。」、ミッション「日本に、鮮度を。」を掲げ、大阪と名古屋を中心に日本一かっこいい八百屋を目指し、店舗を運営しています。4年で5倍近く売り上げが向上。現在は創業9年、5店舗で年商28億円に達しています。

「エンゲージメントレベルの高さが働き方改革の基盤になる」働き方改革最前線 味の素の挑戦

2018-01-31 11:43

「働き方改革」。 2017年の組織人事領域において、最も語られた言葉。政府が打ち出した方針のもと、多くの企業が取り組みながらその実現に苦しむ経営課題。日本を代表する大手食品メーカーである味の素株式会社では、働き方改革という言葉が生まれる遥か前から、働き方改革に取り組み、確かな成果を生み出してきた。その背景にある企業としてのポリシーや実行力を生み出すための進め方について、味の素株式会社グローバル人事部長を務める松澤氏にリンクアンドモチベーション執行役員川内がお話を伺いました。

「働きがいの実感が次の変革へのエネルギーになる」働き方改革最前線 味の素の挑戦

2018-01-24 11:44

「働き方改革」。 2017年の組織人事領域において、最も語られた言葉。政府が打ち出した方針のもと、多くの企業が取り組みながらその実現に苦しむ経営課題。日本を代表する大手食品メーカーである味の素株式会社では、働き方改革という言葉が生まれる遥か前から、働き方改革に取り組み、確かな成果を生み出してきた。その背景にある企業としてのポリシーや実行力を生み出すための進め方について、味の素株式会社グローバル人事部長を務める松澤氏にリンクアンドモチベーション執行役員川内がお話を伺いました。

「Apple・Googleを超えていく」。独自のカルチャーで目指す未来。

2017-12-15 19:03

ビール市場が縮小の一途を辿る中、新カテゴリとして注目を集めているのが、クラフトビールだ。ヤッホーブルーイングは、12年連続増収増益を続け、クラフトビール界のトップメーカーとなった。同社の看板製品である「よなよなエール」はもはや、クラフトビールの代名詞とも言える知名度を誇り、コンビニエンスストアで手に取ることができる。しかし、ヤッホーブルーイングに注目が集まるのは、売り上げやブランドだけが理由ではない。自らが熱狂するだけにとどまらず、そしてファンをも巻き込むその独自のカルチャーはどのようにして生まれ、どのように進化しようとしているのか。 「ヤッホーブルーイングはただのビール会社ではなかった」。その言葉の真意を解き明かす。全2回で構成された、井手社長へのインタビューの後編。

愛されるビールを生み出す、愛される会社、ヤッホーブルーイング。

2017-12-06 19:02

ビール市場が縮小の一途を辿る中、新カテゴリとして注目を集めているのが、クラフトビールだ。ヤッホーブルーイングは、12年連続増収増益を続け、クラフトビール界のトップメーカーとなった。同社の看板製品である「よなよなエール」はもはや、クラフトビールの代名詞とも言える知名度を誇り、コンビニエンスストアで手に取ることができる。しかし、ヤッホーブルーイングに注目が集まるのは、売り上げやブランドだけが理由ではない。自らが熱狂するだけにとどまらず、ファンをも巻き込むその独自のカルチャーはどのようにして生まれ、どのように進化しようとしているのか。 「ヤッホーブルーイングはただのビール会社ではなかった」。その言葉の真意を解き明かす。全2回で構成された、井手社長へのインタビューの前編。