catch-img

パルスサーベイとは?実施する意味やメリット・具体的な事例まで徹底解説!

▼ 【組織診断】活用に向けた具体的なポイントを解説!資料はこちら

​​​​​​​

目次[非表示]

  1. 1.パルスサーベイとは
  2. 2.パルスサーベイの使用シーン
  3. 3.パルスサーベイの実施ステップ
  4. 4.パルスサーベイ導入のメリット
  5. 5.パルスサーベイの質問例
  6. 6.パルスサーベイの注意点
  7. 7.パルスサーベイを実施している会社事例
  8. 8.記事まとめ


皆さんは「パルスサーベイ」という言葉をご存知でしょうか?定期的に会社から回答を求められる、従業員調査やアンケートのようなものの種類の一つに「パルスサーベイ」というものがあります。

パルスサーベイは、手軽に実施できるというメリットがあるため導入する企業が増えています。この記事では、パルスサーベイの概要、メリット・デメリットなどの基本的なところから、導入に向けた手順やポイントをご紹介していきます。

パルスサーベイを使って、組織状態をリアルタイムに掴んでいきましょう。

パルスサーベイとは

パルスサーベイとは、従業員に対するサーベイ調査の一種のことです。簡易的な調査を、短期間の間に繰り返すものを指しており、主に従業員の満足度調査やエンゲージメント調査に用いられることが多くあります。

「パルス(pulse)」というのは、日本語で「脈拍」のことで、まるで脈拍を測るかのように、組織と個人の関係性を測ることが目的です。

一方でパルスサーベイの逆のものとして、年に一回など、時間をあけて行う調査は「センサス(Census)」があります。これは、全国調査や国勢調査などの意味を持つことから、パルスサーベイとの違いをイメージしていただけたらと思います。

■従業員の状況をこまめな確認が可能

パルスサーベイの特徴として、簡易的な調査を、短いスパンで繰り返し実施することができるので、従業員の状況をこまめに確認することができる点が挙げられます。

また、簡易的な調査であるために一回あたりのコストを抑えることもでき、設問数が少ないため、調査実施から集計、分析までを短期間に行うことができます。

サイクリックにパルスサーベイを実施することで、従業員と組織の状態をタイムリーに把握し、解決のためのヒントにすることができます。

従業員の感情は刻一刻と変わるものです。職場でのトラブルや家庭内での出来事で従業員のコンディションは変わりうるため、こまめな調査が有効なのです。

参考:FUTURE STRIDE「なぜ、ソフトバンクの人事本部はゼロからパルスサーベイを開発したのか?

■従業員のエンゲージメントの打ち手の効果をこまめに確認が可能

パルスサーベイは従業員と組織のエンゲージメントを高める上でも効果を発揮します。エンゲージメント向上のために改善活動を行っている際、パルスサーベイを定期的に実施することによって、取り組んでいる改善活動の効果を確認することができるからです。

エンゲージメント向上のための打ち手は、組織や従業員の特性や状態によって様々です。こまめに組織状態を把握し続けることで、短期間でPDCAを回し、効果的な取り組みを行うことができるでしょう。

▼サーベイに関する記事はこちら
サーベイとは?リサーチとの違いや種類、メリットを紹介!

パルスサーベイの使用シーン

短期反復型のパルスサーベイはどんな場面で活用することができるのでしょうか。ここではその例を3つご紹介します。

■使用シーン①入社後間もない人のオンボーディング

パルスサーベイは、新入社員や新しく組織にジョインしたメンバーの状態を把握する際に役立ちます。入社間もない社員は、新しい環境に慣れることができず、ストレスを感じやすい状態です。

きちんと職場の仲間と関係構築ができているか、組織に対しての理解を進められているかをこまめに把握することで、新入社員への教育もしやすくなります。特に注意したいのは、新入社員に対してのコミュニケーションが業務の内容ばかりに偏らないことです。

新しい業務を覚えること、教えることに集中してしまいがちな新入社員の受け入れですが、パルスサーベイを使って、普段なかなか直接聞くことのできないメンタル面や組織への理解について把握することが重要です。

■使用シーン②従業員の簡易メンタル・ヘルスチェック

パルスサーベイを従業員へのメンタルヘルスチェックに活用することも多くあるケースでしょう。短期間にパルスサーベイを繰り返すことで、継続的に従業員のストレスと定点観測することで、不調を早期発見し、早い段階で対処することができます。

メンタルヘルスは、仕事からの影響だけでなく、プライベートからの影響も受ける、複雑なものです。組織としてのストレス指数をチェックしておきましょう。

■使用シーン③人事施策の効果検証

パルスサーベイは、人事施策の効果検証にも活用できます。新たな人事制度の導入や、従業員研修の実施後での効果検証は、数値的な効果が見えにくい人事施策にとって重要なポイントです。

施策を実施する前後にパルスサーベイを行うことで、施策の前後でどんな変化があったのかを把握し、効果を確かめることができます。

パルスサーベイの実施ステップ

ここでは、実際にパルスサーベイを実施する際のステップの一例をご紹介します。

■①質問項目の設定

ステップ1では、パルスサーベイを実施する目的に合わせて、質問項目を設定します。例えば、幸福度、経営者に対する感情、仕事量、職場環境、ストレスなど、様々な観点から、仕事や職場に関する従業員の意識を把握するための設問を設定します。

■②調査の実施

ステップ2では、実際に調査を実施します。まずは実施日の数日前に、サーベイの実施を告知しましょう。日々の業務で忙しい回答者ですから、回答期間、回答方法、所要時間など、回答者が回答するときに迷わないよう、丁寧に周知をすることが大切です。

また、回答率を上げるためにも、リマインドメールを業務開始や昼休みの時間に合わせて配信したり、大きな会議の中で回答をする時間をとるなど、工夫をすることもポイントです。

■③調査結果の集計・分析

サーベイ実施後は、回答の集計作業と分析を行います。ここでのポイントは、結果を出すまでをスピーディーに行うことです。

サーベイの結果を用いて、組織改善の取り組みや、個別のフォローなどを実施していくことになりますが、サーベイの実施からできるだけ期間を開けずに対応をすることで、従業員にとっては「会社はきちんと向き合ってくれている」という感覚になり、信頼関係を気づくことにも繋がります。

■④課題に対しての打ち手の立案、実施

パルスサーベイの結果を用いて、打ち手の立案、実施を行います。分析の結果出てきた良かった点は伸ばし、悪かった点は改善をするための施策を考え、実施していきましょう。

パルスサーベイ導入のメリット

メリット①従業員の状況がタイムリーに把握できる

パルスサーベイはセンサスサーベイと比較して、短スパンで調査を実施するのが特徴であるため、従業員の状況をタイムリーに把握できることが一番のメリットです。

半年から1年間の期間が空けば、定量的に従業員の状態を可視化することはできませんが、パルスサーベイを活用することで、問題が発生した場合にはタイムリーに解決に向け動くことができます。

一方で目的なくパルスサーベイを取り続けた場合、いくら簡易的な調査とは言えども「サーベイ疲れ」が起きる可能性がありますので、頻度や時期は慎重に決定することが重要です。

メリット②サーベイ担当者・回答者双方の負担が少ない

パルスサーベイは設問項目が絞られており、センサスサーベイと比較して事前の設計や実施後の分析にそれほど工数がかからないため、担当者の工数がそれほどかからないこともメリットの1つです。

また回答者としても、設問が少ないため回答に割く時間はそれほど要しません。

サーベイを運用する担当者・回答者ともに負担が少ないことはメリットと言えるでしょう。

メリット③施策の効果検証に有効

メリット①に重なる部分もありますが、社内で行っている施策の効果検証としてもパルスサーベイは有効です。施策を行っている中で、短スパンで効果の定点観測を行うことで柔軟に軌道修正を行うことができます。パルスサーベイについては「変化」が起きる前後で活用することを推奨しており、組織改編や人事制度の変更など、変化がある前後に実施することがポイントです。

またパルスサーベイについてはツールを活用した場合、設問項目がランダムで選択されるものと、設問項目を指定できるタイプの2パターンが存在しますが、設問を指定して行うとより高い効果が期待できます。

特定の項目についてアンケートを行うということは、その項目が重要であるという会社からのメッセージとも言い換えることができます。回答する従業員にとっても定期的に同じ項目のアンケートに回答することで、その項目が重要であるという認識を持つことができます。


参考:組織フェーズに応じたパルスサーベイ運用


参考として組織フェーズに応じたパルスサーベイの運用についてご紹介します。

前提として、リンクアンドモチベーションでは企業組織を下記の通り、3つのステージに分類しています。


拡大モード:ニーズの急増に対応するため一気に事業規模を拡大するモード

多角モード:新市場の進出や新商品の提供を行い派生事業で多角化するモード

再生モード:市場の成熟を受けて旧事業のリフォームを行う再生モード


この中でも拡大モードは事業・組織ともに拡大していくフェーズですので、人員の急拡大や組織編成の頻繁な変更など「変化」に数多く直面します。こうしたケースでは、人員の定着度合いや組織状態の把握のために、頻度を高めにパルスサーベイを取ることが有効です。

特に意図なくサーベイを行うことは回答者側の疲弊を招きますので、検証したい仮説を持った上でパルスサーベイは実施することがポイントです。

パルスサーベイの質問例

パルスサーベイの項目、質問例についてご紹介します。

■一般的なパルスサーベイの質問例

<従業員満足度に関する項目>

・業務を通じて何かを学び、自己成長ができていると感じられていますか?
・社内で自分の意見が軽んじられず、尊重されていると感じられていますか?
・社内に仲の良い人、信頼できる人はいますか?

<経営理念の浸透度に関する項目>

・会社/部署のビジョンを理解できていますか?
・経営陣による意思決定は、経営理念や事業方針に即して適切になされていると実感していますか?

<業務に関する項目>

・ワークライフバランスは保てていますか?
・業務を進める上で、自分が期待されていることを理解できていますか?

上記は、一般的なパルスサーベイの質問例です。

質問数は、回答者の負担を鑑みつつ、正確な回答を得るためにも、多くても10~15問程度で設定するのがよいでしょう。また、パルスサーベイの実施頻度も、高すぎると運用担当者へも、回答者へも負担があるため、バランスを見ながら設定しましょう。

パルスサーベイのの目的をしっかりと周知すること、効果的な運用をするために、ブラッシュアップができる部分が素早く対処していくことも重要です。「やらされ感」ではなく、「組織目的のためにみんなで実施する」パルスサーベイを目指しましょう。

■具体例①:eNPS(SM)(ベイン・アンド・カンパニー)

eNPS(SM)とはは、アメリカのコンサルティングファームであるベイン・アンド・カンパニーが顧客ロイヤルティの測定のために開発したNPS(SM)(ネット・プロモーター・スコア)を社内調査向けに改変した指標のことです。従業員ロイヤルティ(自社に対する愛着・信頼度)を測定できるとされています。

eNPS(SM)を算出するには、「On a scale of zero to ten, how likely is it you would recommend this company as a place to work?」と質問し、0~10点の間で、自社に対する意見を回答してもらうというケースが多くあります。

参考:https://www.netpromotersystem.com/about/employee-nps

■具体例②:Q12(ギャラップ社)

Q12というのは、アメリカの調査会社であるギャラップ社が開発したエンゲージメントに関する12の項目です。以下の12のを計測することで、エンゲージメントを診断できるとされています。

12の項目は、「Basic Needs」「Individual」「Teamwork」「Growth」の4テーマに分けることができます。

<Basic Needs>

Q01.I know what is expected of me at work.

Q02.I have the materials and equipment I need to do my work right.

<Individual>

Q03.At work, I have the opportunity to do what I do best every day.

Q04.In the last seven days, I have received recognition or praise for doing good work.

Q05.My supervisor, or someone at work, seems to care about me as a person.

Q06.There is someone at work who encourages my development.

<Teamwork>

Q07.At work, my opinions seem to count.

Q08.The mission or purpose of my company makes me feel my job is important.

Q09.My associates or fellow employees are committed to doing quality work.

Q10.I have a best friend at work.

<Growth>

Q11.In the last six months, someone at work has talked to me about my progress.

Q12.This last year, I have had opportunities at work to learn and grow.


参考:https://www.gallup.com/workplace/266822/engaged-employees-differently.aspx


パルスサーベイの注意点

組織状態をリアルタイムで把握することができるパルスサーベイの注意点についてご紹介します。

■注意点①運用コストがかかる

パルスサーベイは簡易的な調査であるため、一回あたりの実施コストは小さく済みます。しかし、繰り返し実施することが前提であるため、高頻度で実施をした場合には、運用担当者の負担は大きくなってしまうこともあります。

高頻度で行うことだけが正解ではありませんので、パルスサーベイの目的に合わせて、運用コストを検討することが必要です。

■注意点②回を重ねるごとに、惰性で回答をする回答者が増える

パルスサーベイは回答者にとっても負担となるケースがあります。何度も似たような質問項目について答えるため、マンネリを感じて、惰性で回答をされてしまうことがあります。

パルスサーベイにきちんと回答してもらうためには、回答の負担を減らすことだけではなく、サーベイの目的や結果をきちんとフィードバックすることが重要です。

サーベイをとって企業がどのような対応をするのか、どのように自分たちの働き方や職場が変わるのかを伝え、回答をすると自分たちにもメリットが有るということを理解して貰う必要があります。

■注意点③実施自体が目的化する

パルスサーベイを実施していると、だんだんと実施をすること自体が目的化してしまうことがあります。これは、先述したマンネリ化にも繋がり、せっかく回答を集めても効果的な回答が得られない事も出てきてしまいます。

あくまでパルスサーベイは手段の一つです。作りたい組織の理想像に向けて、課題の発見や、組織状態の把握をして、対策を打っていくことが本来の目的です。目的にあった設問を設定し、分析、対策を実施していきましょう。

それでは、以上の注意点を踏まえたうえで、実際のパルスサーベイ活用事例をみていきましょう。

パルスサーベイを実施している会社事例

■ソフトバンクの事例

ソフトバンクでは2004年から毎年、従業員調査を実施し、組織状態を可視化していました。

しかし、ソフトバンク社長の宮内氏から、「従業員の “最新”かつ“一人一人”の状態を可視化できるようにしてほしい」という要望を受け、自社独自のパルスサーベイ開発に取り組みはじめました。

2018年から開発をはじめ、同社内でのトライアルを重ねて、ソフトバンクの全社員を対象にリリースをしました。

パルスサーベイの内容は、「Work(仕事)」「Life(生活)」「Health(健康)」のカテゴリーに分類される12の設問に、総合設問をプラスした「13の設問」によって構成されておいます。回答者は設問ごとに「7つの段階」から適切な答えを選択します。

毎月末、全社員に向けてメールでURLが送信され、PCやスマートフォンなど各自の端末からアクセスして回答します。所要時間はわずか1〜2分程度で月末の2営業日後には、結果を閲覧できる仕組みとなっています。

このサーベイの実施には、「上司と部下のコミュニケーションを活性化させる」という目的もあるそうです。従業員自身が同意すれば、人事だけではなく上司も部下の回答結果を閲覧することができるので、最新の状態を把握することができるのです。

■リンクアンドモチベーションの事例

リンクアンドモチベーションでは、自社サービスである「モチベーションクラウド」を組織の定点観測、エンゲージメント向上のために用いています。

モチベーションクラウドでは、組織と個人の信頼度合い、相思相愛度合いを測るため、組織行動論などの学術的背景に基づいて、132問のサーベイを実施することができます。

この132問のサーベイを基本的に半年に1回、年に2回のペースで実施し、サーベイの結果をもとに改善活動を各職場ごとに実施しています。

モチベーションクラウドには、パルスサーベイとして「フォーカスサーベイ」機能があります。半年に一回のサーベイと改善活動の中で、定期的にフォーカスサーベイを実施し、リアルタイムで組織状態を把握することができる機能です。

モチベーションクラウドでは、各項目に対して期待度と満足度を質問しているため、取り組んでいる改善活動が、従業員にとって求められているものなのか、効果が出ているかを把握することができるため、高速でPDCAを回すことができます。

参考:フォーカスサーベイの特徴について

フォーカスサーベイはアンケート実施時に特定の設問項目を選択することが可能であり、この機能で特許を取得していることが、他組織診断サービスと違った特徴となっています。


本記事の中でもアンケート項目をランダムに選択するのではなく、特定の項目に絞って運用することが重要とお話しましたが、フォーカスサーベイではそれが可能です。

項目を明確に絞り改善を進めていくことがパルスサーベイ運用のポイントと言えるでしょう。

記事まとめ

いかがでしたでしょうか。パルスサーベイは組織のエンゲージメントを向上させるために効果的なサーベイの種類です。

パルスサーベイには様々な種類やサービスがありますが、目的に応じてメリットとデメリットを検討し、最適な運用を行うことが重要です。

モチベーションクラウドの特徴や、組織診断・組織診断をより効果的に活用するにはどうしたら良いかについては、以下のお役立ち資料で詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

N.E
N.E
【プロフィール】 リンクアンドモチベーショングループ新卒入社。 以降、モチベーションクラウドのカスタマーサポートとして、 主に大手企業の支援に従事。

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

おすすめコラム

心理的安全性とは?効果や測定方法、作り方について徹底解説

生産性の高いチームづくりのためには「心理的安全性」が重要だとよく言われるようになりました。コロナ禍、リモートワークの一般化が進む中でコミュニケーション…

ホワイト企業とは?認定の基準や特徴、企業例を紹介

近年、「働き方改革」や「新型コロナウイルスの影響」による個々人の仕事・働き方への意識の変化が大きくなっています。それに伴って、「新卒の離職率が高い」…

エンゲージメントとは?メリットや高める方法について解説

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…

慶弔休暇とは?取得できる日数や注意点、対象となるケースや導入方法を解説

皆さんは「慶弔休暇」をご存じでしょうか?慶弔は「けいちょう」と読み、慶弔休暇とは喜ばしく祝う出来事である「慶事」、おくやみごとや不幸な出来事である「弔…

自己効力感とは?3つのタイプや高めるための方法、自己肯定感との違いも解説

自己効力感とは、自分がある状況において、目標達成したり、遂行できる可能性を認知していることを指します。その自己効力感を強く持てる人材は、ビジネスシーン…

マネジメントとは? 定義や役割・今後必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

人気記事ランキング

※過去1週間のPV数より集計

新着記事

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社