新着情報

2022.11.10

従業員エンゲージメント向上クラウドサービス
「モチベーションクラウド」を東京地下鉄株式会社が導入

株式会社リンクアンドモチベーション(本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、証券コード:2170、以下当社)は、東京地下鉄株式会社(以下東京メトロ)にて「モチベーションクラウド」が導入されたことを、下記の通りお知らせいたします。

■ 東京メトロが「モチベーションクラウド」を導入した理由

東京メトロは、グループ理念「東京を走らせる力」のもと、「安心で、持続可能な社会」の実現に向けて、サステナビリティを経営の中心に据え、5つのテーマに基づく価値を創造し、すべてのステークホルダーから選ばれる企業グループを目指しています。サステナビリティ経営ビジョンにおいては、「人権の尊重」「ダイバーシティ推進」「人財育成」をマテリアリティ(重要課題)として定めており、社員一人ひとりの人権を尊重し、働きがいを高め、心理的安全性のもと多様な人財が活躍できる組織づくりを推進しています。中期経営計画「東京メトロプラン2024」においても関連指標をKPIとして設定し、様々な取組みを進めています。

(出典)東京地下鉄株式会社 『サステナビリティ経営ビジョン』より一部抜粋

今年度からは、これまでの取組みをさらに加速させるため、「モチベーションクラウド」を導入し、社員の期待度・満足度を把握するためのエンゲージメント調査を継続的に実施します。スピーディーかつ詳細に組織状態を定量的に可視化し、組織課題に優先順位をつけて解決へ導くことで、社員のエンゲージメント向上を図り、心理的安全性が高く、働きがいのある企業風土の構築を目指します。

(参考)中期経営計画「東京メトロプラン2024

■ モチベーションクラウドとは

モチベーションクラウドは、延べ9,660社289万人以上という国内最大級のデータベースをもとに組織状態を診断し、従業員エンゲージメント向上を支援するクラウドサービスです。組織状態の診断に留まらず、創業時から培ってきた組織変革の技術をもとに、豊富な知見をもつコンサルタントが変革までサポートします。

本サービスは株式会社アイ・ティ・アールが発行する市場調査レポート「ITR Market View:人材管理市場 2022」において従業員エンゲージメント市場のベンダー別売上金額シェアで5年連続1位(2017~2021年度予測)を獲得しているほか、「日本の人事部HRアワード2022」プロフェッショナル組織変革・開発部門において最優秀賞を受賞しています※。

※ 正会員約24万人、日本最大のHRネットワークを持つ日本の人事部が主催するアワード

▶「モチベーションクラウド」サービスサイトはこちら

■リンクアンドモチベーショングループの概要

  • 代表取締役会長:小笹 芳央
  • 資本金:13億8,061万円
  • 証券コード:2170(東証プライム市場)
  • 本社:東京都中央区銀座4丁目12−15 歌舞伎座タワー 15階
  • 創業:2000年4月
  • 事業内容
    組織開発ディビジョン(コンサル・クラウド事業、イベント・メディア事業)
    個人開発ディビジョン(キャリアスクール事業、学習塾事業)
    マッチングディビジョン(海外人材紹介・派遣事業、国内人材紹介・派遣事業)
    ベンチャー・インキュベーション

関連記事を見る

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる
モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド
入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

エンゲージメント向上施策集

エンゲージメント向上施策集