catch-img

仕事のモチベーションを上げるには?モチベーションが下がる理由と対策

かつて終身雇用制度が主流だった日本の企業は、金銭報酬やポストという物質的な報酬で、ある程度従業員のモチベーションの管理ができていました。

しかし、終身雇用が絶対でない昨今では、金銭報酬やポストに加え、「やりがい」や「働きがい」といった無形の報酬である「感情報酬」でのモチベーション管理が必要になってきています。

本記事では、現代におけるモチベーションを上げる為には何をするべきなのか、また下がる理由は何なのか、対策は何なのかを詳しく説明できればと思います。

▼ エンゲージメントを可視化し、組織改善を行うサービス【モチベーションクラウド】はこちら

  モチベーションクラウド|組織改善ならモチベーションクラウド モチベーションクラウドは、リンクアンドモチベーションがこれまでの組織人事コンサルティングのノウハウをもとに開発した国内初の組織改善クラウドです。組織のモノサシ「エンゲージメントスコア」をもとに「診断」と「変革」のサイクルを回すことで、組織変革を実現します。 株式会社リンクアンドモチベーション


仕事におけるモチベーションとは何か?

そもそもモチベーションとはラテン語のmoveという言葉が語源であるとされています。

「目的の為に何かを動かすこと」という意味が込められているそうです。

そして、モチベーションとは「何かの目的の為に行動し、達成しようとする求心力」を意味します。

高度経済成長期までの日本では、給与やポストなどの金銭的な報酬によって、モチベーションを管理していました。

しかし、現代では、金銭報酬に加えて、感情報酬(=親和欲求、成長欲求、承認欲求、貢献欲求などの充足)でのモチベーション管理が必要とされてきています。

この感情報酬でのモチベーション管理が今後、企業経営をしていく上で重要なポイントになります。

社員のモチベーションが低下する要因

そもそも、モチベーションを構成する要素は何なのかから整理しましょう。

「モチベーションの高さ」=目標の魅力×達成可能性×危機感 

と表すことができます。

私達は、これらの3つの要素を掛け算することでモチベーションが上がると定義しています。

逆に言えば、この3つの要素のどれかが欠ければ、モチベーションは低下すると考えています。

では、具体的に、モチベーションが低下する要因を説明していきます。

■目標の魅力が欠如している

1つ目は目標の魅力が欠如しているパターンです。

毎年地区予選で入賞している野球部で例えるとするならば、「毎年地区予選に入賞しているから今年も地区予選で入賞しよう」と掲げるようなパターンです。

もちろん、その年の力量にも影響されますし、ケースバイケースではありますが、毎年入賞しているのでば、魅力的に映らない部員もいます。

そういった部員は、目標の魅力が欠如してしまい、モチベーションが低下しかねません。

企業においても同様で、自分が何を目的に働いているか、なぜこの目標を追っているのか理解できていないと、社員のモチベーション低下に繋がります。

■達成可能性が見えない

2つ目は、達成可能性が見えないパターンです。

達成可能性とは、掲げた目標が達成できそうかどうかを意味します。

例えば、毎年地区予選の1戦目で敗退している野球部が、「今年は甲子園に行こう」と目標を掲げた場合、多くの部員は「絶対無理だ・・・」「自分にはできない・・・」と声が上がってしまうと思います。

企業においても同様で、達成できなさそうな営業数字を上司から言われただけでは、社員は動きづらくなるに違いありません。

■危機感が無い

最後に、危機感が無いパターンです。

例えば、高校野球で「1年で守備の連携を完璧にしよう」という方針を立てたとしましょう。

1年という長いスパンで考えるよりも、〇月〇日の〇時までにと明確に期日を設定すると、部員の危機感は増します。逆に言えば、明確に期日を設定しなければ、日々の練習は惰性になると想像がつきます。

企業においても同様で、自らが取り組んでいる仕事に期日が無ければ、生産性は落ちていくばかりです。

モチベーション向上に必要なこと

では、モチベーション向上にはどのようなアプローチが必要なのかについても、共有したモチベーションの公式に沿ってご紹介していきます。

■目標の魅力を上げる

1つ目は、目標の魅力を上げることです。

毎年地区予選で入賞している野球部で例えるとすれば、今年も入賞しようという目標を掲げるよりも「今年は必ず地区予選1位を獲ろう」という目標の方が、部員は魅力的に感じると思います。

企業においては、企業自体がどのような目的の元、存在しているのか明確にすることが大切です。

また、部署単位で見ても同じことが言えます。なぜ私達の部署が存在しているのか、何の為に働いているのかを明確にすることで、社員のモチベーションを引き出すことができます。

適切に魅力的な目標を設定することがモチベーション向上において大切なのです。

■達成可能性を高める

2つ目は達成可能性を高めることです。

達成可能性を上げる為のポイントは、しっかりマイルストーン(小さな目標)を立てることです。

例年弱小チームと呼ばれる高校野球部が、「今年は甲子園に行こう」と目標を掲げた場合、部員から「絶対無理だ・・・」と声が上がると想像がつきますが、

「甲子園に行く為に、〇月に〇高校にまずは勝とう。その為に、ここの連携を高めよう。〇週目にはここを強化していこう。」というように細かく小さな目標を立てることで、達成可能性は高めることができます。

企業においても同様で、ただ大きな数字目標を掲げるだけではなく、いつまでに何の数字をどのように達成すれば良いのかを示すことで、達成可能性が見え、社員のモチベーション向上に繋がるでしょう。

細かく目標を細分化し、計画を立てることで、達成可能性は高まり、モチベーションの向上に繋がるのです。

■危機感を醸成する

最後に、危機感を醸成することです。

危機感を醸成するポイントは、「時間」を上手く活用することです。

簡単に言えば、期日を明確に設定することです。

目的に向かって何か行動をする際に、明確に期日を決めなければ、その行動を惰性になりがちです。

期日を決め、「ここまでには必ずしなければならないんだ」という気持ちを醸成することが大切です。

野球部の場合であれば、先述したように1年という長いスパンで守備力を上完璧にしようという行動をするよりも、何月何日何時までというように明確に決めてそこに向けて取り組む方が危機感は醸成されるでしょう。

企業においても同様で、取り組む業務に明確に期日を設けることで、社員の危機感を適切に醸成し、モチベーション向上に繋げることができます。

【企業別】モチベーション向上の取り組み事例

ここまで、モチベーションの低下する原因、その対策についてご紹介しました。

ここからは、他社がどのような事例でモチベーション向上の取り組みを行っているかをご紹介したいと思います。

■株式会社U&S

株式会社U&Sは、主に大阪でスーパーを経営する企業です。

株式会社U&Sは、「社員は楽しく働けているのだろうか」「社員は今どんなことを考えながら働いているのだろうか」ということが、組織の拡大によって見えづらく聞こえづらくなっていました。

「社員の本音を聞きたい」という経営者としての率直な気持ちを背景にモチベーションクラウドの導入を決めました。

そんな中、モチベーションクラウドで出た結果を元に徹底的に課題を分析すると、理念戦略が浸透していないことが課題として表れました。

「自分たちは何のために仕事をしているのか」「これからどんな会社をつくっていくのか」という社員の不安が見えてきた結果、「魂のこもった言葉で、言行一致の企業理念をつくろう」、それが組織改善として取り組んだ第一歩でした。

経営陣自らの手で理念を創り、現場への浸透を実施した結果、社員から主体的にアイデアが生まれ初め、事業成果に繋がっていきました。

ここでいう理念とは、先述した目標の魅力に紐づいています。

社員がどこを目指しているのか、何を目的に働くのかを明確にした結果、成果に繋がったと言えるでしょう。

■株式会社ダイメイ大阪

株式会社ダイメイ大阪は、主にプラステック外観部品の製造や超精密金型制作及びメンテナンスを行う大阪の企業です。

株式会社ダイメイ大阪は、当時指示されたことをやるようなチームでしたが。それぞれが自分の仕事に取り組んでおり、重複した仕事をしてしまったり、抜け漏れが発生したりなど、連携が上手く獲れていない状態でした。

しかし、モチベーションクラウドを導入し、その結果に対して全員で取り組んでいこうと、社員に対して「この課題点はあなたが責任もって関わってね」と1人1人伝えると、前向きな返答がありました。

「何か思うことがあったら絶対に伝えてな」「やりたいことがあったら教えてな」「みんなが思ってることをやれるようにするのが、俺の仕事やから」と、上司が自らメンバーに常に伝えていることで、他の施策も行うことが可能になりました。

例えば、「ありがとうカード」の取り組みです。日頃の感謝をカードに書いて社員に手渡しするというものです。

直接言えないことを補助できているようで、頑張りたいと思える人が増えたそうです。

このような施策を行った結果、業績にも変化があり、利益を出せるチームに変化しました。

上司が自らメンバーに語りかけ、主体的に組織に向き合うことで、社員全員が自ら頑張ろうという気持ちになりました。

心理的安全性が担保され、お互いに頑張りたいという気持ちが芽生えたことで、達成可能性が上がったと言えるでしょう。

記事まとめ

現代の日本では、金銭報酬以外にも、親和欲求等の感情報酬によるモチベーション管理が必要とされてきています。

先述した通り、モチベーションとは、目標の魅力・達成可能性・危機感 という3つの要素から成り立ちます。

今後、企業を経営していく上で、この3つの観点を参考に社員のモチベーションを向上させてみてはいかがでしょうか?

百田 海渡
百田 海渡

【プロフィール】 リンクアンドモチベーション新卒入社。 以降、中堅・スタートアップ企業向けのコンサルティングに従事。 「理念策定・浸透」「人事制度構築」やモチベーションクラウドを活用した組織改善等、 IT系業界、小売業界を中心に数多くの企業様に貢献。

注目コラム

エンゲージメントとは?意味やメリット、向上させる方法について

エンゲージメントとは? 意味やメリット、向上させる方法について

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…
従業員エンゲージメントとは?測定方法や企業事例を紹介

従業員エンゲージメントとは? 測定方法や企業事例を紹介

昨今、多くの企業で「従業員エンゲージメント」を向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために非常に重要な考え方ですが、…
エンゲージメントサーベイとは?従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

エンゲージメントサーベイとは? 従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

昨今、働き方改革の流れの中で、労働時間の削減といった量に関してのみならず、生産性向上といった質に関するテーマにも注目が集まっています。…
組織診断・組織サーベイとは何か

組織診断・組織サーベイとは何か

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークなどの影響から職場のコミュニケーション不足やマネジメント不全が生じ、組織やマネジメントの「見える化」のための…
従業員満足度の重要性とは?満足度を向上させる方法や事例を紹介

従業員満足度の重要性とは? 満足度を向上させる方法や事例を紹介

「ダイバーシティ経営の実現」「従業員ストレスチェックの義務化」など企業活動において、顧客満足度の追求のみならず、従業員に対する施策の実施も求められる…
マネジメントとは?定義や役割・必要なスキルを解説

マネジメントとは? 定義や役割・必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

新着記事

【後編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -リーダーシップ研修の実践ポイントとは-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

【前編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -役職にとらわれないリーダーシップ開発の秘訣-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

大企業病とは?原因や企業にもたらす弊害、対策方法を徹底解説!

昨今、多くの企大企業病とは、大企業に多く見られる、保守的で非効率な企業体制・組織風土を指します。大企業病という名称から、大企業のみに起こる症状であると認識されがちですが、中小企業・ベンチャー企業にも起こりうる症状です。 「部署最適な行動が目立つようになってきた」や「社員がチャレンジしなくなった」など、自社は大企業病なのではないかとお悩みの方、今後の拡大成長を見据えて予防策を知っておきたい方向けに、大企業病の特徴・原因・対策方法をそれぞれご紹介します。

ピーターの法則とは? 原因や対策方法をわかりやすく解説

皆様は、「ピーターの法則」をご存知でしょうか?ピーターの法則とは「活躍が認められて昇進したものの、次の役割では期待された活躍が出来ていない」状況を説明した内容です。 このような状況をそのままにしておくと、本人や周囲の人材ののエンゲージメント低下、最悪の場合は企業の競争力低下・人材の流出などの結果に繋がってしまいます。 この記事では、「ピーターの法則」が発生する要因や回避方法を紹介していきますので、ぜひ皆様の組織マネジメントに活用してください。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

HR techとは?サービスを展開している企業について徹底解説!

2021-06-28

HR Techという言葉、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 HR Techとは、“HR (Human Resource) × Technology“を意味する造語です。クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)など、最先端のIT関連技術を使って、採用・育成・評価・配置などの人事関連業務を行う手法のことを指します。 この新しいテクノロジーの到来は、採用やタレントマネジメント、リーダー育成、評価、給与計算、業務改善など幅広い領域に及び、人事業務のあり方を大きく変えると言われています。 本稿は、これらが企業活動に起こす具体的な変化から、国内外での代表的なサービス紹介まで幅広く解説しており、「HR Techとはなにか」を一通り把握できる記事となっています。

パルスサーベイとは?実施する意味・事例を徹底解説!

2021-06-27

皆さんは「パルスサーベイ」という言葉をご存知でしょうか?定期的に会社から回答を求められる、従業員調査やアンケートのようなものの種類の一つに「パルスサーベイ」というものがあります。パルスサーベイは、手軽に実施できるというメリットがあるため導入する企業が増えています。この記事では、パルスサーベイの概要、メリット・デメリットなどの基本的なところから、導入に向けた手順やポイントをご紹介していきます。パルスサーベイを使って、組織状態をリアルタイムに掴んでいきましょう。

エンゲージメントとは? ビジネスにおける意味と高めるメリットを解説

2021-05-25

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。 今回は、人事領域においてどのような意味を持つのかなど、エンゲージメントの必要性や、エンゲージメントを向上させる方法、その測定方法などをご紹介します。

エンゲージメント向上に有効な施策とは? 生産性向上、離職率低下を実現するポイントと成功事例

2020-12-25

昨今、多くの企業でエンゲージメントを向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために有効な考え方ですが、エンゲージメントとはどのようなものなのでしょうか。…[HR2048]|モチベーションクラウド

従業員エンゲージメントとは?高める施策や測定方法を解説

2020-09-30

昨今、多くの企業で「従業員エンゲージメント」を向上させるための取組みが進んでいます。 企業と従業員がともに成長するために非常に重要な考え方ですが、従業員エンゲージメントとは何なのでしょうか。今回はその概要や取り組みのポイント、事例などをご紹介します。

離職率の平均はどのぐらい? 新卒・業界別データや対策を解説!

2020-09-30

「組織」「経営」「人事」「マネジメント」「モチベーション」の未来(2048年)について考えるメディア、それがHR2048です。人事制度や組織改革、従業員満足への取り組みなどをご紹介いたします。|モチベーションクラウド

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド 入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社