catch-img

自己効力感とは?3つのタイプや高めるための方法、自己肯定感との違いも解説

自己効力感とは、自分がある状況において、目標達成したり、遂行できる可能性を認知していることを指します。

その自己効力感を強く持てる人材は、ビジネスシーンでも積極的に挑戦したり、周囲にも良い影響を与えるため、マネジメントの分野においても非常に重要なテーマといえるでしょう。

今回は、自己効力感とは何かを紐解きながら、そのメリットや高める方法について、具体的にご紹介していきます。

▼ エンゲージメントを可視化し、組織改善を行うサービス【モチベーションクラウド】はこちら

  モチベーションクラウド|組織改善ならモチベーションクラウド モチベーションクラウドは、リンクアンドモチベーションがこれまでの組織人事コンサルティングのノウハウをもとに開発した国内初の組織改善クラウドです。組織のモノサシ「エンゲージメントスコア」をもとに「診断」と「変革」のサイクルを回すことで、組織変革を実現します。 株式会社リンクアンドモチベーション


自己効力感とは

■自己効力感の意味

自己効力感とはある状況下で結果を出すために適切な行動を選択し、かつ遂行するための能力を自らが持っているかどうか認知するための言葉です。端的に言うと「自信」です。

また自己効力感は「優越感」や「劣等感」といった感覚とも大きな関係があります。

自己効力感が高まるにつれ、その人は優越感を強く抱けるようになり、ある分野において自分が十分な能力を有しているという認識に背中を押され、行動できるためです。

その一方、自己効力感が低くなるにつれ、劣等感は強くなります。ビジネスシーンでは、自己効力感を高め、適切な優越感を覚えるようになることが大切です。

■自己効力感の提唱者

自己効力感は、社会的認知理論の中で使用される心理学用語の一つで、スタンフォード大学教授のアルバート・バンデューラ博士によって提唱されたものです。

きっかけは、博士がさまざまな恐怖症を克服した人たちにインタビューを行ったことで、そこにある共通点を見つけことです。

それは恐怖症という極めて困難な病を克服することができたことから、

「自分は困難を克服できる」
「自分は現状を変えることができる」

と信じるようになれたというものでした。

このインタビューがきっかけとなり、その後の継続的な研究によって自己効力感を保持する人は、失敗や壁、困難や難問にぶつかっても、挑戦する、(失敗しても)比較的早く立ち直る、という傾向にあることが分かりました。

■自己効力感の重要性

近年、自己効力感の重要性は、ビジネスシーンではもちろんのこと、教育、予防医学、

産業の分野など様々な場面で活用されています。

それは、自己効力感が行動変容を引き起こす客観的な先行要因になっていたり、変容を可能とする認知的変数となっていたり、行動変容を確実に生み出す力がある、といった特徴が広く社会に認知されたためと考えられます。

必要性を実感しても行動変容まで発展しない状況が多い中、自己効力感は、確実に行動変容を生み出す効果を期待できます。

■自己効力感のタイプ

心理学的では、自己効力感は3つのタイプに分けられます。

<自己統制的自己効力感>

簡単に言い換えると「自分ならできるはず」という気持ちです。できると信じられるからこそ、失敗しても完全に心は折れず、むしろチャレンジ精神を高めて出直そうと考えられます。自己統制は、自己効力感の種類ではもっともスタンダードなタイプです。

また、自己統制的自己効力感では、自分の行動をコントロールすることについて肯定感を抱けます。

例えば「社内の人を多数巻き込みながら、プロジェクトを成功させる」という行動には、かなりのモチベーションと忍耐力が必要です。その際には、自分の行動を制御し成長し続けなくてはなりません。そのようなとき、自己統制が役立ちます。

<社会的自己効力感>

対人関係において役立つのが「社会的自己効力感」です。この感覚は乳児期や児童期の経験において最も発達し、大人になってからも持続します。

この自己効力感が強いと、他者に共感して寄り添うことができます。そのため、良好な人間関係を築きながら、社会の中で立ちまわることができます。

例えば、ビジネスシーンでも、何らかの理由で敬遠される人も少なくありません。その人と協働する際にも「自分ならきっと仲良くなれるはず。うまくいくはず」とポジティブに考えられます。

<学業的自己効力感>

これまで通ってきた学校、塾などでの学業における達成感によって「学業的自己効力感」は育まれます。難関校に合格するなど、学習や学業で目立った成果を残した人ほど、この感覚は強まります。

ビジネスシーンでは「新しい知識やスキル、ノウハウを獲得する」時などに力を発揮します。また「決められたカリキュラムに従って勉強を進めていく」時にも学業的自己効力感が必要です。

社会に出ても新しい分野についてスキルの習得を求められることも出てきます。そのようなとき、どれだけ真剣に取り組めるかが価値となるのです。

自己効力感と自己肯定感の違い

自己肯定感とは、自己を尊重し、自身の価値を感じることができ、自身の存在を肯定できる力を言います。

自己肯定感が高い状態では、ありのままの自分を受け入れられるため、仮に失敗した時でも「次は頑張ろう。」「失敗してもいいんだ。それでも自分には価値がある。」と考えることができます。

一方で、自己効力感とは、人が行動や成果を求められる状況下において、「自分は必要な行動をとって、結果を出せる」と考えられる力を言います。

そのため「自分は達成できる。その能力がある」という確信があれば「自己効力感が高い」状態にあり、「自分には無理だ。その能力がない」と考えていれば「自己効力感が低い」状態であると言えます。

つまり、自己効力感とは「できると自分を信じられる力」であり、自己肯定感とは「できても、できなくても、ありのままの自分を受け入れられる力」となるわけです。

自己効力感を構成する要素

自己効力感を構成する要素に、行動遂行の先行要因があります。

これは「このようにやれば成功するであろう」や「成功する方法で実行できる」といった行動遂行を導くための意識的要因のことです。具体的には、下記2つの先行要因があります。

■結果予期

これは、過去得られた知識や、今までに積み重ねてきた経験といった「過去」をもとにして、特定の行動を取った際に生じる結果を予測し、今後について推測することを示す言葉です。

ビジネスシーンでの例をご紹介します。

ある部下より、新入社員のマネジメント方針について悩んでいると相談された場合を例に見てみましょう。

-部下が抱えている問題や課題について、まずはきちんと話を聴く
-自分の言葉で問題を整理させる
-自分自身で解決策に気付くきっかけを与える

などを自分の経験を踏まえて考えることが結果予期です。

生み出す結果のイメージを明確に持ち、結果を生み出すメリットを感じることです。

■効力予期

次に効力予期です。効力予期は、ある結果を生み出すために必要とされる行動を、自分自身が上手に実行できると確信することを意味します。

ここでもビジネスシーンでの例をご紹介しましょう。

部下から、新入社員のマネジメント方針について悩んでいると相談された場合

-自分の言葉で問題を整理させる
-その問題にアドバイスすれば、部下はまた意欲的に育成方針について提案してくれる
-自分は部下の中にある課題の本質を引き出すことができる

といった確信を持ちます。

このように、効力予期とは自分は行動を起こすことが出来るという確信です。

自己効力感を高めるメリットとは

■自己効力感が低い場合のデメリット

自己効力感が低い場合は、下記のような悪循環が生まれます。

「自分にできるはずがない。きっと失敗する」といった気持ちが大きくなり、行動する意欲も減退します。そのため、いくら能力を保有していたとしても、結果を出すことは難しいでしょう。

そして、更に結果が伴わないと、「やっぱり自分にはできない。また失敗する」というネガティブな気持ちが雪だるま式に膨らみ、結果、自己効力感の低下に拍車がかかり、悪循環に陥ってしまうのです。

■自己効力感を高めるメリット

では一方で、自己効力感を高めるメリットにはどんなものがあるでしょう。

<周囲から学ぶ姿勢やチャレンジ精神を育む>

何事にも恐れずに、積極的にチャレンジすることができるようになるでしょう。そのため、周囲から学ぶ姿勢も常に怠りません。また実行に移すまでのスピードも速くなります。

<過度に落ち込まない>

失敗してしまったときも、前向きに「次はどうすればうまくいくか」を考えることができたり、「できない理由探しより、出来る方法を考える」ことに時間を費やします。そのためポジティブな発信も増えるでしょう。

いずれも、能力開発や生産性向上など、長期的に大きな成果をもたらす根源となるものばかりであることがわかります。

自己効力感を測るには?

ここまで、自己効力感の定義やその重要性について紹介してきましたが、実際にその自己効力感の有無やその程度は、どのようにして測ることが出来るのでしょうか。

今回は、個人の自己効力感を測る方法のうち、一般性セルフ・エフィカシー尺度(GSES)についてご紹介します。

■一般性セルフ・エフィカシー尺度

一般性セルフ・エフィカシー尺度(GSES)は、自己効力感を測定するための尺度でGSESはGeneral Self-Efficacy Scaleの略語です。これを提唱したのは、アルバート・バンデューラ博士です。

博士は、私たち人間の行動を、「先行要因」「結果要因」「認知的要因」という3つのカテゴリーに分類し、自己効力感はこれらの行動を決める認知的変数になると説明しました。

そして、自己効力感を測定する項目として全16種類の質問を用意し、アンケート形式にて「はい」か「いいえ」で回答してもらい、自己効力感を測定します。答えた得点が高ければ高いほど、自己効力感が高いということになるのです。

この一般性セルフ・エフィカシー尺度の特徴として「一般的な認知的傾向が測定可能であること」「アセスメントで利用範囲が広いこと」また「効果測定に関しても応用範囲が広いこと」などが挙げられます。また単なる測定にとどまらず、その効果を発揮させるための職場環境整備などにも応用できるのです。

近年では、一般性セルフ・エフィカシー尺度は広く認知されるようになり、ビジネスの世界以外でも、教育や臨床、予防医学といった分野で幅広く活用されています。

自己効力感を高める方法は?

ここからは、下記の4つの観点から自己効力感を構成する方法を紹介します。

<1.直接の成功体験による高め方>

自分自身の力でやり遂げたという、自分自身の成功体験による高め方です。

困難なことにチャレンジし、自分の力でそれを克服することができた、という体験は「やればできる」という自信を深めます。

この方法により自己効力感を高めていく場合、とにかく数を積み重ねることです。もちろん、大きな目標を立てて達成できればそれだけ自己効力感も得られますが、実力に不相応な目標へと向かっても未達成が繰り返され、逆に、自己効力感が下がっていくことにもなりかねないのです。

まずは目標達成が簡単な小さい目標を用意し、徐々にその規模を大きくしたり、難易度を高めていくのがポイントです。

また、すでに成功経験を得ているにもかかわらず、自分で気づいていないだけのこともあります。そこで、過去の経験をリストアップしてみるのもひとつの方法です。

その中で、自分では見えていなかった行動と結果の関係に気づくこともあり、その瞬間に認知が形成され、自己効力感が生み出されることもあります。

<2.代理的体験による高め方>

他者の行動を観察し、あたかも自分がそれをやっているようにイメージする代理的体験による高め方です。スポーツの世界で行われるイメージトレーニングもその一つです。

ここでのポイントは、結果ではなく過程を見ることです。成功という結果だけを追っていても健全な自己効力感は生まれず、自分の体験にあてはめて「自分にもできそう」「自分も頑張らなければ」と切実に思うには、成功の過程をしっかりと調べることです。

また、代理体験では、つい著名人の成功例を参考にしがちです。ただ、時代や成功の規模が違いすぎると自分に同化するのが難しくなります。あるいは健全な認知が行われず、自信過剰になってしまい、感情を制御しにくくなるなどのトラブルも招きかねません。

そのため、身近な例を探すのが得策です。同僚や友人、家族などで成功者を見つけたほうが、類似性も優位性も感じやすくなります。先述の通り、成功までのプロセスを詳しくさかのぼれるのも大きなメリットです。

<3.言葉の説得による高め方>

説明や励ましなど、言葉の説得による高め方です。「こうすればできる」という説明や「あなたならきっとできる!」という励ましの言葉は、その行動に取り組んでみようというモチベーションに繋がります。

一方で、他者の言葉に影響されて自己効力感を下げてしまうことも少なくありません。そこで、ポイントになるのが、他者の言葉を変換して受け入れることです。自分に与えられた評価をポジティブに変換するよう心がけていきます。

たとえば、「どうして○○ができないのか。他のことに集中しすぎているからじゃないか」と叱責されたとします。それを「自分はダメな人間だ」と思えば、肯定的な認知につながりません。

しかし、「他の部分はできているということ。そして自分は未来に期待されているから言ってもらえるのだ」と解釈すれば、社会的説得を得ているのと同じ状態です。

それと同様に、自分自身を評価するときも、短所より長所に注目します。色々と出来ないことに直面した際には、「入社当初よりはまともになってきた。この分ならまだまだ成長できるはずだ」と、できていることにも目を向けます。

ネガティブな思考を頭に残さないよう、自分にかける言葉をポジティブに変換するよう努めれば、自己効力感は高まっていくのです。

<4.情緒的な喚起による高め方>

行動中に自分の生理的な状態(=いつもと同じ)を意識することで生まれる自信によって高める方法です。血圧や心臓の鼓動が平常であることを認識することで「意外と大丈夫!」という自信や意欲に繋がります。

そのため、ポイント健康状態を保ち続けることです。睡眠不足や不規則な食事などはもってのほか。また、ストレスや疲労感なども放置していると深刻な症状を発症させます。

まずは自分の生活リズムを見直し、乱れた生活習慣を直していきましょう。また簡単にできる趣味、身近な人への相談といった対処法でストレスをためないことも大事です。

さらに、乱れた生活を正した上で、健康習慣を取り入れることもお勧めします。筋トレやストレッチなど、手軽にできる運動を毎日続けていると、仕事や人間関係で嫌な出来事があっても、気持ちがリセットされたり、良質な睡眠にも繋がり、良いサイクルが生み出せるでしょう。

記事まとめ

いかがでしたでしょうか。自己効力感が高い人はチャレンジ精神にあふれ、困難を乗り越えながら成功体験を積み重ねます。

そして結果としての成功を得れば、自分への自信に繋がり、更なる好サイクルを生み出すことができます。自己効力感のあり様と高め方を理解し、意識して過ごすことで、人生をより豊かにしていきたいですね。

野々山 果純
野々山 果純

【プロフィール】 リンクアンドモチベーション入社。 秘書、社内広報、PRなどに従事した後 部門人事にて育成体系の構築を進めると共に中途採用責任者を歴任。 現在は、モチベーションクラウドのカスタマーサポート部門の責任者として プロダクトやサービス改善に努める。

注目コラム

エンゲージメントとは?意味やメリット、向上させる方法について

エンゲージメントとは? 意味やメリット、向上させる方法について

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…
従業員エンゲージメントとは?測定方法や企業事例を紹介

従業員エンゲージメントとは? 測定方法や企業事例を紹介

昨今、多くの企業で「従業員エンゲージメント」を向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために非常に重要な考え方ですが、…
エンゲージメントサーベイとは?従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

エンゲージメントサーベイとは? 従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

昨今、働き方改革の流れの中で、労働時間の削減といった量に関してのみならず、生産性向上といった質に関するテーマにも注目が集まっています。…
組織診断・組織サーベイとは何か

組織診断・組織サーベイとは何か

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークなどの影響から職場のコミュニケーション不足やマネジメント不全が生じ、組織やマネジメントの「見える化」のための…
従業員満足度の重要性とは?満足度を向上させる方法や事例を紹介

従業員満足度の重要性とは? 満足度を向上させる方法や事例を紹介

「ダイバーシティ経営の実現」「従業員ストレスチェックの義務化」など企業活動において、顧客満足度の追求のみならず、従業員に対する施策の実施も求められる…
マネジメントとは?定義や役割・必要なスキルを解説

マネジメントとは? 定義や役割・必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

新着記事

【後編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -リーダーシップ研修の実践ポイントとは-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

【前編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -役職にとらわれないリーダーシップ開発の秘訣-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

大企業病とは?原因や企業にもたらす弊害、対策方法を徹底解説!

昨今、多くの企大企業病とは、大企業に多く見られる、保守的で非効率な企業体制・組織風土を指します。大企業病という名称から、大企業のみに起こる症状であると認識されがちですが、中小企業・ベンチャー企業にも起こりうる症状です。 「部署最適な行動が目立つようになってきた」や「社員がチャレンジしなくなった」など、自社は大企業病なのではないかとお悩みの方、今後の拡大成長を見据えて予防策を知っておきたい方向けに、大企業病の特徴・原因・対策方法をそれぞれご紹介します。

ピーターの法則とは? 原因や対策方法をわかりやすく解説

皆様は、「ピーターの法則」をご存知でしょうか?ピーターの法則とは「活躍が認められて昇進したものの、次の役割では期待された活躍が出来ていない」状況を説明した内容です。 このような状況をそのままにしておくと、本人や周囲の人材ののエンゲージメント低下、最悪の場合は企業の競争力低下・人材の流出などの結果に繋がってしまいます。 この記事では、「ピーターの法則」が発生する要因や回避方法を紹介していきますので、ぜひ皆様の組織マネジメントに活用してください。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

コーチングとは?仕事における意味や効果的なやり方などを解説

2021-06-26

人材育成の手法として、コーチングに注目する企業が増えています。 今回は、コーチングとは何か、その定義や歴史、また活用する際のメリット・デメリットや、スキルアップ方法などをご紹介します。

モチベーションをアップさせる方法は?原因や組織レベルで行う施策を解説

2021-06-25

仕事中にモチベーションが低下すると、様々な場面での不注意やモラルの低下、情報確認の不足などが生じやすくなります。 しかし、モチベーションがアップすると、作業効率が上がるだけでなく、サービスの質を上げることも可能です。そのため、常にモチベーションアップを心掛ける必要がありますが、現実的にはそう簡単なことではありません。 そこで今回は、「モチベーション」の特徴を紐解きながら、その特性を理解し、どのようにアップさせていくのか、ご紹介していきたいと思います。

人事評価制度とは?目的や導入方法は?メリット・デメリットを徹底解説

2021-06-22

人事評価制度は、従業員の企業への貢献度合いや本人の能力をどのように待遇に反映するのかを整理し、明文化したものです。 上手く活用することができれば、従業員の成長を促進し、企業の成長にも繋がります。 しかし、お金を扱うものでもあるため、上手く活用できない場合はせっかく作っても従業員の不納得感を生み出し、反発やトラブルに繋がってしまうことも事実です。 本記事では多くの企業が気になる人事評価制度の設計から、メリットやデメリット・運用の方法等を踏まえてわかりやすくご紹介します。

社宅とは?寮との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

2021-06-20

皆さんは「社宅」に対してどのような印象を持っているでしょうか? 採用時や入社時の説明で「社宅がある」という話を聞いたことがある人もいるかと思います。「社宅」は企業内にある数多くの制度の1つですが、上手く使えば従業員にも企業側にも多くのメリットをもたらします。 ここでは「社宅制度」の内容をあらゆる角度から見ていきましょう。

「帰属意識」の意味とは?帰属意識を高めエンゲージメント向上に寄与するポイントとは?

2020-12-26

帰属意識を持って働く社員は会社への定着率が高く、熱心に働いてくれる存在です。しかし、終身雇用制度が崩壊しつつある現状、社員が持つ帰属意識が希薄になりつつあります。さらに、働き方改…

エンゲージメント向上に有効な施策とは? 生産性向上、離職率低下を実現するポイントと成功事例

2020-12-25

昨今、多くの企業でエンゲージメントを向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために有効な考え方ですが、エンゲージメントとはどのようなものなのでしょうか。…[HR2048]|モチベーションクラウド

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド 入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社