catch-img

IT業界注目の「エバンジェリスト」とは? メリットや育成方法について

「エバンジェリスト」という言葉をご存知でしょうか。昨今、IT業界において新しい職種として登場したエバンジェリストが注目を集めています。本記事では、エバンジェリストの正しい意味、役割、登用することのメリットや必要な能力についてご紹介していきます。

▼ エンゲージメントを可視化し、組織改善を行うサービス【モチベーションクラウド】はこちら

  モチベーションクラウド|組織改善ならモチベーションクラウド モチベーションクラウドは、リンクアンドモチベーションがこれまでの組織人事コンサルティングのノウハウをもとに開発した国内初の組織改善クラウドです。組織のモノサシ「エンゲージメントスコア」をもとに「診断」と「変革」のサイクルを回すことで、組織変革を実現します。 株式会社リンクアンドモチベーション


エバンジェリストとは

まずはエバンジェリストとは何なのか、概要を理解していきましょう。

■エバンジェリストの意味

昨今、IT業界で使われるようになった言葉「エバンジェリスト」は、IT業界における職種の一つで、複雑で馴染みのないIT技術やプロダクトの価値をユーザーに分かりやすくプロモーションする役割のことを指します。

エバンジェリストの言葉のもともとの意味は、英語で「Evangelist=伝導者」です。キリスト教で用いられてきた言葉で、キリスト教の教えを人々に説き、信仰を広める人のことを指します。

例えば、宗教革命の中心人物として知られる神学者マルティン・ルターは、キリストの教えに回帰することを説く自身のことを「エバァンゲリスト」と呼びました。この言葉をIT業界に置き換えて、「IT技術を社内外に広く布教する」という意味合いで使われています。

■エバンジェリストが登場した背景

今でこそエバンジェリストのポストを設置する企業が増えてきていますが、エバンジェリストが登場した背景は何だったのでしょうか。

エバンジェリストを一番最初に起用したと言われているのは、今なおIT業界を牽引するアップル社です。1984年に、当時は一般的ではなかったパソコンを自宅で使うことの必要性や、自社の競合他社との優位性を、消費者達に説くことを目的としてエバンジェリストというポストが生まれました。

その後、アップル社に続き、マイクロソフト社もエバンジェリストを設置したことで、徐々にIT業界の中でエバンジェリストという役割が広まって行きました。

世界でも有名なビジネスパーソンとして知られるアップル社のティー部・ジョブス、マイクロソフト社のビル・ゲイツも、エバンジェリストのひとりです。

■エバンジェリストの役割・重要性

エバンジェリストの役割は、「ITの技術的な内容を分かりやすく説明し、その重要性や有用性をユーザーたちに説くこと」です。

この役割が重要であり、注目されている背景には、IT業界の特徴があります。IT業界は、sの登場から絶え間なく技術が進化し続けている業界です。その進歩の速さゆえ、IT技術の内容を理解すること、キャッチアップし続けることは簡単ではなくなっています。

そのためIT業界では、消費者や交渉相手にプロダクトやサービスの価値を理解してもらうためには、難解なIT技術を分かりやすく説明する力が求められており、新たなビジネスチャンスを生み出すために必要不可欠な活動なのです。

エバンジェリストの仕事・活動内容

続いては、エバンジェリストの具体的な仕事内容・活動内容について理解していきましょう。

先程もご説明したように、エバンジェリストのミッションは、一般的には難しいIT技術の話題を分かりやすく説明し、その重要性や価値をユーザーに伝えることです。そのような目的を果たすためにエバンジェリスト達が担っている仕事内容を例として3つ紹介します。

仕事内容①プレゼンテーション

エバンジェリストたちにとって、イベント等でのプレゼンテーションは、彼らのミッションを達成するために最も根幹的な仕事です。TECHイベントや採用イベント等でプレゼンテーションを行い、自社の商品サービス、IT技術について説明をします。

ここでのポイントは、プレゼンテーションの目的は「相手の行動を引き出すこと」という点です。エバンジェリストはただサービス内容を説明するだけでなく、プレゼンテーションを聞いた相手がその価値や商品に共感し、購買などの行動を起こすことまでをゴールとしています。

仕事内容②プリセールスエンジニア

エバンジェリストの活動の2つ目として挙げられるのが、プリセールスエンジニアとしての活動です。

プリセールスエンジニアとは、顧客がサービスを導入する前や導入初期に、顧客に対して個別にデモンストレーションを行うなどして、サービスの機能や技術を説明し、提案を行う役割のことです。

エバンジェリストとして、サービスや技術の説明だけでなく、相手の共感や行動を引き出すために、ユーザー企業の課題や願望に合わせたサービスの提案をする必要もあります。

仕事内容③インナーマーケティング

エバンジェリストの役割として、インナーマーケティングをすることも重要です。先に説明した2つの活動は、主に社外に対して啓蒙活動をするものでしたが、エバンジェリストが啓蒙をする相手は社内にもいます。

自社の社員に対して、自社サービスのブランドイメージ、提供したい価値、事業としてのビジョンやミッションといった内容を説明し共通認識を持つことが、サービスに関わる社員のモチベーション向上や、業務クオリティの向上につながるのです。

ここまで説明をしてきたように、エバンジェリストとしての活動は様々です。しかし、一貫して言えるのは、アプローチする対象は社内外問わず、「サービスのビジョンやミッションを説く伝道師であること」だと言えるのではないでしょうか。

商品サービスの目指すビジョンやミッションを説き、社内外の人間をビジョンやミッションの実現に向けて巻き込んでいくという意味で言えば、エバンジェリストは「ビジョンマネジメント」を行う人物といってもいいかもしれません。

エバンジェリストと営業の違い

「商品サービスの価値を説明し、相手の購買行動を引き出す」という意味では、エバンジェリストは営業と同じなのではないかと考えられがちです。

しかし、エバンジェリストと営業には、「ターゲット」と「ターゲットとの関わり方」において違いがあります。それぞれについて説明をしていきます。

■ターゲットの違い

一般的に営業のターゲットは、自社の商品サービスの取引先や購入を考えている「顧客」で、彼らの購買活動を引き出すことがミッションとなります。

一方でエバンジェリストのターゲットは、「不特定多数の人々」である場合がほとんどです。主な活動場所が、セミナーやイベント、ソーシャルメディアなどであることがその違いを生んでいます。

■ターゲットとの関わり方の違い

ターゲットが異なっていることで、ターゲットとの関わり方にも違いがあります。

営業は「顧客」に対して、最初の接触から受注までを一貫してフォローをすることが一般的です。ひとりひとりの「顧客」の課題や願望を丁寧にヒアリングし、最適な提案をすることが営業の役割になります。

それに伴い、営業は担当できる顧客の数が比較的少なくなるという特徴があります。

一方、エバンジェリストは不特定多数の顧客をターゲットとします。商品サービスについての説明や技術的説明を求める人が集まる場所へ出向き、大衆へのプレゼンテーションを繰り返して行くことによって、業界全体の課題や願望を把握し、その実現に向けて商品サービスの価値を伝えていきます。

社内にエバンジェリストがいる場合のメリット

エバンジェリストを登用することのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは代表的なメリットを3つご紹介します。

メリット①製品やサービスの価値向上

エバンジェリストを登用することで、最新のIT技術や知識が社内に蓄積されます。これらの知識を自社の商品サービスに反映することで、商品サービスの付加価値向上や新規商品開発のチャンスも期待できます。

商品サービスの価値に磨きをかけることで、競合他社との差別化を図り、顧客からの信頼を構築していくことができるでしょう。

メリット②社員が成長しやすい

エバンジェリストがインナーマーケティングとして、社内への働きかけを行うことは、社員のIT技術に関する能力向上や意欲向上を期待することができます。一見とっつきにくいと思われがちな技術的な知識を社員が理解することで、社内の能力の底上げができるでしょう。

また、エバンジェリストが積極的に活動することで、普段は裏方として扱われがちな現場のエンジニアにスポットライトが当たりやすくなるため、エンジニアたちが自分たちの業務の価値を再確認し、彼らのモチベーション向上につながるとも考えられます。

メリット③企業認知度が高まる

エバンジェリストは社外に対して主にアプローチをするため、エバンジェリストが発信する商品サービスだけでなく、企業そのものの認知度も同時に上がることが期待できます。

エバンジェリストは不特定多数に対してアプローチをするため、これまで接触できなかった潜在的な顧客に対しても認知度を高められる可能性があります。また、企業ブランドが高まれば、業界内で確かなポジションを得ることができるでしょう。

エバンジェリストに必要なスキル

エバンジェリストに必要なスキルは様々です。ITに関する専門知識はもちろんのこと、知識を継続的に学び続ける探求力や、対人コミュニケーション能力も求められます。

ここでは、エバンジェリストを「商品サービスのビジョンやミッションを説く伝道師」であると定義し、伝道師として商品サービスのビジョン・ミッションを語る際に重要なプレゼンテーション能力のポイントについて解説をしていきます。

■ビジョン・ミッションを魅力的に語るフレーム「STORY」

エバンジェリストとして商品サービスのビジョン・ミッションを多くの人々に魅力的に説明するには、「STORY」という5つの観点を意識することがポイントです。


・Score(数値):客観的な数値を使って語る

・Time(時間):過去や未来の出来事を用いて語る

・Other Words(比喩):異分野の話に例えて語る

・Relation(対比・アンチテーゼ):アンチテーゼを明確にして語る

・Youth Youth Experience(過去の原体験):自分の経験から感じたことを赤裸々に語る


上記のポイントを抑えることで、IT技術という一見難しい内容でも、一般的な事柄に例えながら、分かりやすく印象に残るプレゼンテーションをすることができます。

■例:モチベーションクラウドのミッションを語る場合

・Score(数値):客観的な数値を使って語る

100年前、世界の平均寿命は「37歳」でした。

時は流れ、現在の世界の平均寿命は「70歳」にまで伸びています。

この劇的な変化は、何によってもたらされたか分かりますか?・・・

100年前、世界の平均寿命は「37歳」でした。

時は流れ、現在の世界の平均寿命は「70歳」にまで伸びています。

この劇的な変化は、何によってもたらされたか分かりますか?・・・


・Time(時間):過去や未来の出来事を用いて語る

組織の問題は、これまでの歴史でも多くの人を悩ませてきました。

遡ればエジプトのピラミッドを建築する際にクフ王は奴隷の扱い方に頭を悩ませていたはずです。

そして時は流れ現在。老若男女誰もが、一度は組織との関わり方に頭を悩ませたことがあるでしょう。

恐らく100年後も、人は組織の関わり方に苦しんでいるんじゃないでしょうか。


・Other Words(比喩):異分野の話に例えて語る

この100年で人類の寿命は劇的に延びました。その理由の一つに「医療」の進歩が挙げられます。

ペニシリンによる「抗生物質」の発見やレントゲンによる「X線」の発見は

人類と病との戦いに大きな進展をもたらしました。

しかし、こと「組織」の問題においては、画期的な技術はまだ確立されていません。


・Relation(対比・アンチテーゼ):アンチテーゼを明確にして語る

個々人が組織との一体感を感じている時には、組織は人に至上の喜びをもたらします。

しかし、個々人が組織との心理的距離を感じてしまっている時、組織は最大の悩みの種となるでしょう。

世の中の殆どは、組織と個人の関係に対して明確な打ち手を持っていません。

だからこそ、組織の個人の関係を紐解き、組織がもたらす喜び最大化するための技術が求められているのです。


・Youth Youth Experience(過去の原体験):自分の経験から感じたことを赤裸々に語る

「どのようにすれば業績が向上するのか」そればかり考えていた際に、ひとり、またひとりと仲間が組織を去っていく選択をしていきました。

その出来事があってから、まずは自組織に向き合うことにしたのです。

一人ひとりがなぜこの組織に属することを選び、日々何に喜びや苦しみを感じているのか。

それを理解するようにしてからは、少しずつ組織に活気が戻りました。

結果として、何をしても向上しなかった業績も、組織の活気と共に向上することになったのです。

記事まとめ

いかがでしたでしょうか。エバンジェリストを登用することで、自社の商品サービスの魅力をより分かりやすく魅力的に伝えることができます。そのためには、エバンジェリストの役割をきちんと理解し、適切なスキルを持った人材を登用することが必要です。この記事がエバンジェリスト登用のヒントになれば幸いです。



N.E
N.E

【プロフィール】 リンクアンドモチベーショングループ新卒入社。 以降、モチベーションクラウドのカスタマーサポートとして、 主に大手企業の支援に従事。

注目コラム

エンゲージメントとは?意味やメリット、向上させる方法について

エンゲージメントとは? 意味やメリット、向上させる方法について

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…
従業員エンゲージメントとは?測定方法や企業事例を紹介

従業員エンゲージメントとは? 測定方法や企業事例を紹介

昨今、多くの企業で「従業員エンゲージメント」を向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために非常に重要な考え方ですが、…
エンゲージメントサーベイとは?従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

エンゲージメントサーベイとは? 従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

昨今、働き方改革の流れの中で、労働時間の削減といった量に関してのみならず、生産性向上といった質に関するテーマにも注目が集まっています。…
組織診断・組織サーベイとは何か

組織診断・組織サーベイとは何か

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークなどの影響から職場のコミュニケーション不足やマネジメント不全が生じ、組織やマネジメントの「見える化」のための…
従業員満足度の重要性とは?満足度を向上させる方法や事例を紹介

従業員満足度の重要性とは? 満足度を向上させる方法や事例を紹介

「ダイバーシティ経営の実現」「従業員ストレスチェックの義務化」など企業活動において、顧客満足度の追求のみならず、従業員に対する施策の実施も求められる…
マネジメントとは?定義や役割・必要なスキルを解説

マネジメントとは? 定義や役割・必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

新着記事

【後編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -リーダーシップ研修の実践ポイントとは-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

【前編】三井物産における、女性活躍を後押しする育成手法 -役職にとらわれないリーダーシップ開発の秘訣-

「人の三井」と言われるほど、人間力や多様な個々人、一人ひとりが抱く想いを大切に考えている三井物産株式会社。この三井物産、およびグループ会社を対象に人材開発を提供しているプロフェショナル集団が三井物産人材開発株式会社です。 今回は、同社で人材開発部長を務める佐々木孝仁氏をお招きし、「三井物産が挑戦する女性の活躍・成長を後押しする新しい育成手法とは?」をテーマにオンラインセミナーを開催。自分を理解し、より良い形に自分を変革していける「自己変革リーダー」の育成など、実際に取り組んでいる人材育成手法・リーダーシップ開発手法について語っていただきました。

大企業病とは?原因や企業にもたらす弊害、対策方法を徹底解説!

昨今、多くの企大企業病とは、大企業に多く見られる、保守的で非効率な企業体制・組織風土を指します。大企業病という名称から、大企業のみに起こる症状であると認識されがちですが、中小企業・ベンチャー企業にも起こりうる症状です。 「部署最適な行動が目立つようになってきた」や「社員がチャレンジしなくなった」など、自社は大企業病なのではないかとお悩みの方、今後の拡大成長を見据えて予防策を知っておきたい方向けに、大企業病の特徴・原因・対策方法をそれぞれご紹介します。

ピーターの法則とは? 原因や対策方法をわかりやすく解説

皆様は、「ピーターの法則」をご存知でしょうか?ピーターの法則とは「活躍が認められて昇進したものの、次の役割では期待された活躍が出来ていない」状況を説明した内容です。 このような状況をそのままにしておくと、本人や周囲の人材ののエンゲージメント低下、最悪の場合は企業の競争力低下・人材の流出などの結果に繋がってしまいます。 この記事では、「ピーターの法則」が発生する要因や回避方法を紹介していきますので、ぜひ皆様の組織マネジメントに活用してください。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

パタハラとは?発生する原因は?対処法や予防策を徹底解説

2021-06-23

皆さんは「パタハラ)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 正式には「パタニティハラスメント」と呼ばれることの言葉は、育児を理由に休業などを取る男性社員に対して、職場の上司や同僚などから嫌がらせを受けることを指す言葉です。ライフスタイルやジェンダーに対する考え方が変化している昨今ですが、日本企業の中での男性社員の育児休業取得への理解が進んでいないことから、パタハラが起きてしまうことがあるようです。ここでは、パタハラの定義やパタハラの原因について触れながら、パタニティハラスメントの予納について考えていきましょう。

パラレルキャリアとは?企業のメリットや導入する方法について徹底解説

2021-06-21

かつては1つの会社で定年まで勤めるのが一般的でしたが、若い世代を中心に注目を集めているのが「パラレルキャリア」という考え方です。 もともとは経営学者のピーター・ドラッカー氏が著書で提唱した概念ですが、本業とは別に、余暇の時間を使って別のキャリアを築く「パラレルキャリア」は、現在では新たな働き方の方法として多くの人が参考にしています。 「副業」とも似ているように見えるパラレルキャリアですが、どんな違いがあるのでしょうか。ここではその違いや、パラレルキャリアが広がっている理由、パラレルキャリアのメリットや注意したい点ついてご紹介します。

ウェルビーイングとは? 意味・定義や取り組み事例について

2021-05-29

「ワークエンゲージメント」、「マインドフルネス」など心や気持ちに関するキーワードをビジネスの中でも良く目にするようになってきた昨今、「ウェルビーイング」という言葉とそれに対する取り組みが注目を集めています。本記事では「ウェルビーイング」の説明や企業における取り組みとメリットについてご紹介します。

有給休暇義務化とは?変更点や注意点も解説

2021-05-28

働き方改革の流れに沿って、2019年4月から有給休暇の取得が義務化されました。具体的には「年に10日以上の有給休暇が付与されている労働者は、必ず有給を5日取得する」という内容です。

人手不足が顕著な業界とは?デメリットや解消アイデアを解説

2021-05-26

「人手不足」というキーワードは、日本にいる我々にとっては避けては通ることが出来ないテーマです。日本の労働人口は、今後ますます減少していくことが予測されています。 そのような状況だからこそ、企業にはどのような考え方を持ち、どのような対策を講じていくべきなのかどうかを、この記事ではご紹介出来ればと思います。

カフェテリアプランの仕組みとは? 導入のメリットや注意点を解説

2021-05-25

近年、福利厚生の提供方法として「カフェテリアプラン」を導入する企業は増えてきています。 導入を検討している企業のご担当者の皆様の中には、「名前は知っているけれど、どんな制度なのかよく分からない」「導入をしてみたいけれど、イメージがわかない」などとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド 入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社