Case

導入事例

「人儲け」の実現を加速させるために
モチベーションクラウド
短期的スパンでの組織診断が
組織改善に繋がる

株式会社アドウェイズ
代表取締役社長 岡村 陽久氏
取締役 新規領域担当 Bulbit株式会社 代表取締役 山田 翔氏

事業内容
スマートフォン向け広告事業
インターネット(PC)アフィリエイト広告事業
モバイルアフィリエイト広告事業
メディア開発・運営事業
業種
情報・通信・広告
従業員数
101〜300名[部署導入人数](導入時)

課題

  • 過去にサーベイを実施したが、年に1回の実施では組織改善には繋がらない
  • 勘や経験だけでは、拡大していく組織のマネジメントができない

期待

  • 短期的なスパンでの組織診断によって、組織改善に繋げる
  • 各チームの組織状態をデータで把握し、マネジメント力を高める
  • サーベイ実施によって高まる社員の期待に応えるべく、マネジメント側が襟を正す

「人儲け」を実現する

当社はスマートフォン向け広告事業・インターネット(PC)アフィリエイト広告事業・モバイルアフィリエイト広告事業・メディア開発・運営事業を中心に事業を展開しています。インターネットテクノロジーを駆使して、空間、デバイス、国境、業界、想像とこれまで限界と言われていたことすら越えるサービスやプロダクトを提供することが“ビジョン”です。ビジョンを実現する事で、これまでできなかったことを可能にし、顧客や社会、世界中の人にスローガンである「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われることを目指しています。また、目先の利益ではなく、本当の意味で社員が成長できる機会や試練を企業が提供する「人儲け」という考えを大切にしています。

年に1回のサーベイでは組織は変わらない

岡村氏:モチベーションクラウドを導入したのは短期的なスパンでサーベイを実施し、PDCAサイクルをどんどん回していくことが出来るという点に魅力を感じたからです。それまでは組織状態を測る指標がなかったために、やはり組織に対して何となく勘や経験に基づいてマネジメントを行っている部分がありました。モチベーションクラウドによって組織状態を見える化し、課題課題に対してエンゲージメントスコアを元にマネジメントを行いたいと思いました。過去に当社ではクラウド化される前のリンクアンドモチベーションのサーベイを実施したことがありました。診断という意味では価値があったと思いますが、診断するだけでは組織は変わりません。クラウド化されて、回数制限なく短期的なスパンで実施できるようになったことで、診断から改善へというPDCAサイクルを回せることに価値を感じています。

山田氏:僕は岡村とは少し観点が異なり、モチベーションクラウドによってマネジメントがとても上手くいっているチームとその他のチームの違いを明らかにすることが出来るのではないかという期待から自分の部署に導入を決めました。直接管轄しているチームは自分自身がチームの状態をしっかり感じながらマネジメントできますが、会社の規模が大きくなっていく中で、間接的なマネジメントになるチームに対してどのようにアドバイスしていけばいいのか、ということに課題を感じていました。マネジメントが機能するために、何が必要なのかをモチベーションクラウドによって知ることで、間接的に任せているチームのマネジメントに活かすことができたらと思っています。

組織課題に向き合い、マネジメント側は襟を正す

岡村氏:サーベイ結果を最初に見た時は、はっきり言ってショックが大きかったです。自分が想像していた数字より数値が低い。これは私からの自組織の見え方と社員から見え方が異なるということの現れだと実感しました。その差を埋めるために解決しなければいけない課題としては、事業だったり、プロダクトだったり、さまざまなものが挙げられると思いますが、根本には組織に何かしらの問題があると思っています。しかし問題意識はあるものの、マネジメントや経営について考えれば考えるほど複雑すぎて、結局は何が問題なのかがわからなくなってしまうということがありました。

 

その点モチベーションクラウドは組織の問題を明確にしてくれるというところが価値だと感じています。一つの事業部に対してそれぞれ詳細に、何が弱みで何が強みなのか、見ることができる。原因がはっきりとわかることで、これからどのような取り組みを行えばいいのかを前向きに考えることができるようになりました。総合点数のみだけではなくて、細かい部分が見えて原因を明らかにできるからこそ、次のサーベイ実施に向けて動き出せるのだと思います。より会社の規模が大きくなればなるほど、細かい部分というのは僕たちだけで見ていくことが難しくなっていくので、モチベーションクラウドのデータによってこれから更に大きな組織になっても、今までと同じように組織に対して向き合っていくことができると思っています。

 

山田氏:実施している側として気をつけなければならないと思っているのは、実際サーベイを取ることで、「社員の期待に対して応える」という意識をマネジメント側がしっかりと持つということです。サーベイを実施するということは、社員に対してこれから組織を変革していく意思を伝えることだと思っています。「期待していた割にはあまり変わらなかったな」という風に社員が思えば、次のサーベイ時にエンゲージメントスコアは下がってしまうでしょう。僕たちがしっかり意識していかなければ、せっかく結果が出ても効果的に転じない可能性があるので、そういう意味ではマネジメント側がより襟を正すようなきっかけになっていると思っています。

また岡村の話した通りで組織の問題は複雑で、社員に直接聞いても社員自身も言語化できない時があります。例えば「短期的に事業が上手くいっていないから組織状態も悪いのでは」という方向に陥ることもあると思うのですが、これはマネジメントする人間がきちんと方向性を示すことができていないというパターンも大いにあると思っています。そのためマネジメント側が「社員の期待に応える」という意識を持ち、明らかになったデータにしっかりと向き合いながらチームに対して方向性を示して欲しいと思っています。例えば社員に対して手厚く今後の話をするようになるとか、働く環境が良くなるための施策を行うとか、会社が良くなっていく施策が各チームの中でどんどん生まれていく状態が理想ですね。

人と機械の共生の時代だからこそ、組織マネジメントが経営の鍵を握る

岡村氏:今後目指していきたい組織としては、エンゲージメントスコアを見るのが楽しみになるような会社になると良いなと思っています。やはり社長として一番嬉しいことは、廊下で社員とすれ違ったときに、その社員の目が輝いていることです。アドウェイズが経営していく上で最も重要にしている“経営理念”「人儲け」の考え方と深く関係しているのですが、会社とは、本当の意味で社員が成長できる場でなければいけませんし、顧客や社会に「なにこれ すげー こんなのはじめて」を提供していかなければなりません。そのためにまずは社員のみんなにとってアドウェイズで働くことが人生のプラスになるよう、社員が目を輝かせる組織にしていきたいと思います。

 

山田氏:僕も岡村の考えと似ていて、社員が働く中で新しいものに挑戦をして、成長する、そして会社全体で「人儲け」を実現できているのかをしっかりと把握していきたいと思っています。その上でビジネスをしっかり構築して報酬で還元していくということを、どんどん高次元のレベルで展開していく組織を目指したいですね。まだまだ広告の業界では特に、「人力で何とかする」という考え方が残っているので、これからは人と機械の共生を進めることで、人がやるべき仕事を社員に取り組んでもらいたいと思っています。そのためには組織マネジメントが鍵となってくると思っているので、モチベーションクラウドをさらに有効活用してマネジメントの強化を図っていきたいです。

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。