株式会社アクセルスペース様導入事例

宇宙の情報サービスが実現できたように
理想の組織創りに不可能はない。

株式会社アクセルスペース
代表取締役 最高経営責任者(CEO)
中村 友哉 様

事業内容
超小型衛星等を活用したソリューションの提案
超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造
超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託
超小型衛星が取得したデータに関する事業
業種
情報・通信・広告
企業規模
51~100名
導入規模
51~100名(導入時)

課題

  • 70人程度の組織になったタイミングで、一体感が下がってしまっていた
  • 内製のサーベイでは、他社との比較や科学的な知見に基づいた分析ができなかった
  • 満足度が低いことすべてに対応した結果、中途半端な状態になってしまっていた

効果

  • 期待度を考慮するようになった結果、集中して取り組むべきことが明確になった
  • エンジニアや営業など、立場の異なる人達が同じ目標に向かっていくことを改めて確認する機会をつくれるようになった

約20カ国から多様な人材が集まる特殊な組織

「事業内容」

弊社は2008年の設立以来、株式会社ウェザーニューズや宇宙航空研究開発機構(JAXA)向けの専用人工衛星開発事業を行ってきました。2020年2月現在、5機の超小型人工衛星の設計開発・打ち上げ・運用の実績を有しています。2015年に19億円の資金調達を行って以降、質量約100kgの超小型衛星を数十機単位で軌道上に打ち上げ、世界中を毎日観測できる次世代の地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」を構築、そこから得られる画像データおよびそれらを解析・加工した情報を提供する事業を進めており、今後はこのAxelGlobeを弊社の中核事業としていく予定です。

「組織の特徴」

弊社は2008年創業です。会社としての歴史は長いものの、組織規模を拡大し始めたのは2015年の資金調達がきっかけでした。それまでは受託の仕事をしていたのですが、2010年頃からシリコンバレーでも宇宙ビジネスに注目が集まり、我々も次の成長を目指そうということでアクセルを踏みました。

それまでは規模を追い求めることもなく、20〜30人くらいのいわゆる居心地のいい規模で組織を運営していましたが、そこから急に人数も増えて今は70名程の規模になっています。衛星を打ち上げて、衛星から得られたデータを必要な形でお客様に提供するビジネスをしていますので、設立以来の機能である衛星というハードウェアの開発に加え、多くの衛星を同時に自動運用するためのITシステム開発、AI等を駆使した画像の解析など、会社として扱う技術の幅も一気に広がりました。こうした事情もあり、社員のバックグラウンドも本当に多様になりました。特徴の一つとしては、外国人の社員が多いこと。3割以上が外国人社員です。国籍もバラバラで、約20カ国の国籍の社員が、弊社で働いています。技術職で見ると、筋金入りのハードウェアエンジニアから、最先端のAIを駆使するデータサイエンティストまで、扱う内容も本当に幅広い。ここまで多種多様な人が一つのオフィスに集まっているという点では、日本に限らず世界中を探しても、なかなか弊社のような会社は稀だと思います。

「モチベーションクラウド導入の背景」

20人〜30人で、いわば「ツーカー」で通じあえていた組織から、70人という規模に成長していく中で、やはり「同じゴールに向かって進む一体感」というのは、過去に比べて相対的に下がっていったように感じていました。そのような中で、組織開発としてまず実施したのが、社内で独自に実施したスタッフサーベイでした。社員それぞれの現状を知るという意味では、一定役に立ったとは思うものの、「他の企業と比較した現状把握」をすることはできず、「実施後のアクション」についても手探りな状況でした。

そこで、もっと体系的・効率的に、組織開発を行っていきたいという思いから、モチベーションクラウドの導入を決めました。モチベーションクラウドを選んだのは、心理学をベースとした科学的な手法を取り入れているからです。経験則ではなく、科学的に分析されていることが重要です。当社はエンジニアが非常に多い会社なので、「エンジニアにしっかりと説明できるか」ということを重視しました。当社は経営に対してメンバーが発信しやすい雰囲気が醸成されている会社だとは思います。ですので「なぜサーベイをするのか」「どんな効果があるのか」「どんな分析が行われたか」という質問に、ちゃんと答えられるツールを選びました。

サーベイの実施を通じて、仕事の意義を確認できる

「モチベーションクラウドの価値」

当社は事業内容が特殊であることもあり、入社時点で個々人が仕事の意義を明確に持って入社してきてくれていると感じます。それでも、仕事をする日々の中で、改めて自分たちがしている仕事の意義について再確認する機会というのは重要だと考えています。モチベーションクラウドのサーベイをすることは、仕事の意義を考えるきっかけにもなると思っています。特に私たち経営陣や営業を担当する社員は、社外の人と話すことが多いので、自分たちの存在意義を確かめる機会に繋がるのですが、ずっと社内にいるエンジニアには、改めて考えるきっかけを意識的に創っていくことが大切だと思っています。そういう効果も期待して、モチベーションクラウドを活用しています。

実施してみて、最も価値を感じたことは、集中して取り組む課題が明確になったことです。独自のスタッフサーベイで調査をしていた時には、問題として浮き彫りになったこと全てに対処しようと、欲張りになったことで中途半端に終わってしまったこともあります。やるべきことを絞って、その部分のスコアが上がれば、成果が出たという達成感を得られると思うので、そこを目指していきたいですね。また、結果を公開しながら実施できるので、「組織開発は経営者がやるもの」ではなく「みんなで組織を良くしていく」というマインドを持ってもらえることも大切だと思います。

前回のサーベイ結果から「営業の成果をもっと見えるようにする」というテーマに取り組みました。やはり当社のビジネスは、わかりやすいソフトウェアを売るわけではないので、営業難易度が高いです。これまで使ったこともないサービスを売るために、お客様に何を見てもらえれば、どう話せばその価値が伝わるだろう、と営業は苦慮します。エンジニアからすると、自分たちが作ってきたものに自信もプライドもあるので、その議論の中で衝突が起きることもあります。どちらが間違っているということではなく、立場の違う人たちが同じものを見て、同じところを目指していることを確認するというのは非常に重要で、まさに私たちがこれからより強化していかないといけないと感じていた課題を、モチベーションクラウドが後押ししてくれた感覚です。

1,000人を超えてもツーカーで通じ合える理想の組織に

「今後、モチベーションクラウドで目指したい組織像」

当社の組織としての強みは、多様性です。様々な国籍・バックグラウンドから生まれる考え方、それぞれの分野における高いプロフェッショナリズムを活かせる会社でありたいと思います。意見が異なることを、ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉えられる文化を創りたいと思っています。そのためには、例えば技術が営業のことを、例えば社員が経営のことを知るということは、その第一歩になると思っています。効率だけ考えると、全部自分でやる方が楽ということもあります。でも、そこをちょっと引いて、チーム全体でアウトプットを最大化する方向に目を向けると、より大きな成果が出せるはず。1+1が2よりも高くなる世界を目指していくには、個人の能力の集積ではなく、組織力・チーム力が必要になってくると思っています。

私が理想とするのは、一人一人がディシジョンメイキングして自律的に動けている組織です。一人一人が自律的に動いても、会社全体としての方向性としては間違っていない、そんな組織にしたいと考えています。100人になっても、200人になっても、1,000人になってもツーカーが通じる状態を創りたい。「100人なら可能かもしれないけれど、1,000人は無理だ」という意見があることも理解しています。けれど、ミッション・ビジョンを共有しながら、時間をかけて組織を創っていけば、きっと可能です。普通の人からすれば「宇宙は限りなく遠い場所」ですが、私たちにとってはそうではありません。決して届かない場所ではない。実際に今は、宇宙からの情報をサービスとして多くの人に届けられる世界になっています。であれば、目指す組織像も、決して不可能ではない。科学的なアプローチを実現できるモチベーションクラウドを活用しながら、私たちは理想の組織へと向かいたいと思います。

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る