モチベーションクラウドで、
経営の意思決定が変わった

株式会社ユーグレナ 取締役副社長 永田 暁彦氏

事業内容
1.ユーグレナ等の微細藻類の研究開発、生産
2.ユーグレナ等の微細藻類の食品、化粧品の製造、販売
3.ユーグレナ等の微細藻類のバイオ燃料技術開発、環境関連技術開発
4.バイオテクノロジー関連ビジネスの事業開発、投資等
業種
資源・エネルギー 医療医薬・バイオ 食品
導入規模
101~300名(導入時)

課題

  • ミドルマネジャーが経営の戦略を正しく理解しておらず、職場の状態にばらつきがあった
  • 経営からの発信が、適切に現場に伝わっていなかった

効果

  • ミドルマネジャーの仕事の定義が明確になり、マネジャー一人ひとりの行動が変わった
  • 数値を基にした、合理的な組織の意思決定が可能になった

組織内の意思や情報の伝わり度合いを可視化する

「事業内容」

ユーグレナは2005年に創業し、世界で初めてミドリムシの大量培養に成功した会社です。ミドリムシをはじめとした微細藻類で「人と地球を健康にする」を経営理念にしています。事業は大きく分けて、食品・化粧品などのヘルスケア部門と、飼料・バイオ燃料などのエネルギー環境部門の2つがあります。

とくに今、力を入れているのは、微細藻類を使った「バイオジェット燃料」の研究開発です。「ミドリムシで飛行機を飛ばす」を合言葉に2018年、神奈川県に日本初となるバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを竣工しました。

株式市場では、2012年にマザーズ、2014年に東証一部に上場しました。株主数は約8万8000人(社)を数えます。これは日本企業トップ100に入る、サントリーやJALと並ぶ数字です。また、主要株主にANAやJX、日立など、大企業が多いのも特徴といえるでしょう。

「モチベーションクラウド導入の背景」

私たちの会社は、大きな変革期にあります。ビジネスモデルも組織体制も大きく変化させようとしている中で、組織状態について都度しっかり把握したいと思い、モチベーションクラウドを導入することにしました。

会社として何か変化を起こそうとしたときに、経営が意思決定し、戦略を決め、マネジャーが理解して、チームに実行させる、という4つのステップがあると思います。その中でも、私たちの会社では、マネジャーが正しく理解しているのか、チームへ正しく伝わっているのか、という点に課題を感じていました。意思や情報というのは水のようなもので、どれくらい順調に流れているのか、どこでその流れが堰き止められているのか、そこをモチベーションクラウドなら可視化していけると感じました。

モチベーションクラウド導入で、全くの別の経営が始まった

「モチベーションクラウドの価値」

モチベーションクラウドがある時代とない時代では、全く別の経営になったという感覚があります。モチベーションクラウドがない時代の経営は、「心電図なしでオペをしているようなもの」です。勿論モチベーションクラウドも万能ではないし、組織の全てが分かるわけではないですが、自分たちがこれまでやってきた様々なものの中では、一番よりどころになり得るものだと思っています。

「心電図」という価値の他に、私たちが感じている価値は大きく4つあります。

まず1つめとしては「マネジャーの仕事の定義」が明確になり、マネジャーの行動が変わったことです。

モチベーションクラウドを実施すると、従業員が会社・上司・職場に対して考えていることがわかるようになっていますが、特に会社に対して考えていることは、各職場で明確に差が出ます。それがなぜかというと、マネジャーは経営と現場の「結節点」だからなんです。経営がどんなことを考えているのかを、マネジャーがどう現場へ伝えているのかによって、現場の考え方は全く変わってしまいます。

各職場のスコアの違いを参考にすることで、マネジャーとしての仕事がどうあるべきなのかを伝えられたことが1つ、大きな価値だったと思っています。

また、2つめの価値は、「経営の意思決定に使えること」です。例えば組織編成です。今年の1月から、僕が営業チームの部長クラスを兼任することになったのですが、モチベーションクラウドがなければこの意思決定はできませんでした。以前は執行役とマネジャークラスに任せていたのですが、なかなかスコアが上がらず、改善するアクションも進まなかったので、一時的に売上を下げてでも、僕が入って組織を立て直す決断をしました。

やっぱり経営者も人間ですから、組織に関する意思決定をするときには、「この人にはこうであってほしい」等の思いが出て来てしまい、感情的な判断になってしまうことがあると思います。勿論そういう思いも大切だと思っていますが、一定のライン以上は合理的に判断することが必要なのではないでしょうか。組織について合理的な意思決定をすることができたのは、モチベーションクラウドのおかげです。

3つめは、ユーグレナとしては「チームで戦うことが大切」であると考えているのですが、そのことを改めて伝えられたことです。大企業のすごいところは、普通の人が普通に活躍すると、1.5倍の成果が出る仕組みを持っているところだと思っています。勿論ここでの成果とは、人の成長なども含みますが、ベンチャーというのはそこが非常に属人的になってしまっていることが多いと思っています。

大企業化するというキーワードはネガティブに捉えられてしまうことが多いと思いますが、僕は違う視点で捉えています。                                               優秀な人だけを採り続けないと成長しないベンチャーのような組織ではなく、きちんと指標があり、仕組み化されており、普通の人が普通以上に活躍できる環境が整っていることは、素晴らしいと思っています。モチベーションクラウドを使うことで、組織として成長することのメリットを伝えられたこと、組織を管理するための指標と仕組みが取り入れられたことがとても良い点でした。

そして最後、4つめの価値として、リンクアンドモチベーションさんが実践している組織人事について学べる、良い機会が得られたと思っています。僕は勝田さん(ユーグレナ様担当のコンサルタント)に、「リンクアンドモチベーションの人事のすべてが知りたい」と伝えているんです。先程伝えた、ベンチャーの属人性を排し、大企業としての効率的な仕組みを持っている会社という意味でも、M&Aを数多く成功させてきた会社という意味でも。

というのは、リンクアンドモチベーションはM&Aした企業に対しても、非常にうまく組織文化を浸透させていっています。バラバラになることなく、統合して引っ張っていっている。これは本当にすごいと思います。そういった部分は、リンクアンドモチベーションの組織づくりを学びたいですね。

社員からの期待が高い会社でありたい

「今後、モチベーションクラウドで実現したいこと」

モチベーションクラウドは「期待度」と「満足度」を測ることができます。私は会社への「期待度」というのは、高ければ高い方がいいと思っています。当然会社には苦手なこともあるので、そういった部分については期待度の調整が必要だと思いますが、基本的には「期待が高い会社」でありたいと思います。私たちが目指すのは「自走する組織」です。ユーグレナがどこを目指していて、そこにたどり着くために何をしなければならないかということが、全体に伝わるような組織になれば、自走が始まっていきます。

僕は常々思っているのが、社員は皆人間だということです。人間ってそんなに強い生き物ではなく、毎日ずっと時速100キロでは走れません。しかし、沿道に応援する人がいたり、給水する人がいたりしてくれると、新しい力がわいてくる。ユーグレナがあと20年、30年続いていくとすると、今この瞬間にひとりひとりが本気でやれるかどうかで、最後の着地点が大きく変わってきますよね。本気でやり続けるためには、調子が落ちてきたときに、周囲を見渡して、調子の良い社員に調子を引き上げてもらうことも必要です。だから組織が大事なんです。

例えば、ラグビーをやっている時、自分のチームが負けそうだとします。自分は諦めそうになってしまうかもしれないけれど、サイドバックはボールがラインから出ないように本気で追いかけているのが、目の端に入る。そうすると、力がもらえたりしますよね。そんなチームを、僕はユーグレナでつくりたいと思っています。今は、僕や出雲がそのサイドバック役をやっているのですが、ユーグレナ社員全員がお互いに本気の火をつけ合える、互いに助け合えるチームであって欲しいと思っています。

ここから数年の間で、様々な変革が起きていきます。モチベーションクラウドを活用し、組織の変革を実現して、「自走する組織」を創りたいですね。

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る