ログリー株式会社様導入事例

モチベーションクラウドで実現する
「透明性が高く強い組織力」

ログリー株式会社 代表取締役社長 吉永 浩和 氏

事業内容
メディアテクノロジー事業 / アドテクノロジー事業
業種
情報・通信・広告
企業規模
51~100名
導入規模
~50名(導入時)

「現状把握」のツールではなく「組織改善」のための
パートナー

弊社の今期のテーマは「強い組織力」です。また、私がこれまでの経営において大切にしてきたことは「透明性」です。「強い組織力」を実現するためには、社員の内面を理解した上で、明確な課題に対して施策を実行することが重要だと考えていました。最初は、自社で設計した満足度調査を実施し、その結果をもとに経営合宿を行いました。しかし、やはり自分たちだけで作ったものでは、課題が明確にならないという事態に直面しました。今度は別のツールを利用して調査を行ったのですが、結果を見ても「何をすればいいのかわからない」「やってみたものの結果が改善しない」ということが続いてしまいました。そんな中、「サーベイ結果をどう捉えて改善に繋げるか」ということを重視した時に、この分野のノウハウを沢山お持ちであるリンクアンドモチベーションのモチベーションクラウド導入を決めました。私たちはツールが欲しかったのではなく、「強い組織力」を実現するためのパートナーが欲しかった。それがモチベーションクラウドだったと思います。

現状の課題だけではなく、未来の課題を見据えて

モチベーションクラウドを導入して1番良かったことは、改善施策についてリンクアンドモチベーションの知見を活かしたいろいろな知見をいただけたことです。現状の課題だけではなく、これから予想される組織課題に対して、より意識が強くなりました。まだ、今の規模であれば私が直接社員とコミュニケーションをとることもできますが、今後すべての社員に私の言葉を直接伝えることができなくなる時が来ると思います。そうなったときに、ミドル層をきちんと育て上げていれば、私の想いをみんなに届けることができる。そう考えながら、日々いろいろな課題に向き合っています。モチベーションクラウドを導入して、きちんと使いこなされている会社さんは成長している企業が多いと思います。私たちもがっつりと使いこなして、「強い組織力」を成長に繋げていきます。

(本内容は2019年にインタビューし、特設ページ「モチベーションクラウダーズ100」に掲載していたものを転載しています。)

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。

無料デモを見る