catch-img

セルフマネジメントとは?重要性やセルフマネジメント能力を高める方法を解説

皆さんは「セルフマネジメント」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

直訳すると「自己管理」という意味ですが、近年ビジネスシーンでその重要性が注目されています。

本記事では、セルフマネジメントの重要性やなぜ注目されるのか、また、具体的なセルフマネジメントの方法についてお伝えします。

▼エンゲージメント日本TOP3の経営者が、人材を活かす組織の作り方を語る!資料はこちら


セルフマネジメントとは?

「セルフマネジメント(self-management)」とは、目標達成や願望実現に向けて、自分自身を管理することです。

ここで「自分自身の管理」の対象となるものは、健康状態やスケジュール管理などの行動だけでなく、「モチベーション」や「集中力」などの精神状態(感情)を含みますが、特にこの「感情」の管理がカギになります。

なぜなら、人間は「限定合理的な感情人」であるためです。すなわち、判断や行動は、経済的利得だけではなく感情的な側面が大きく関与しているということです。

例えば、リモートワークで仕事をしているとき、「集中して取り組むべきと頭では分かっていても、家族がいる自宅ではあまり集中できないな…」という気持ちになったことはありませんか?

「生産性高く取り組む」べきだと合理的に理解していても、感情によっては「怠ける」ことを選択してしまうのが人間です。

アメリカの心理学者であるマズローが提唱した「欲求階層説」という考え方でも、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されており、低階層の欲求が満たされると、より高次の欲求を欲すると説明されています。

すなわち、様々な欲求によって揺れ動く「感情」のマネジメントこそが、セルフマネジメントのカギになるのです。

セルフマネジメントが注目される背景

■理由① リモートワークの普及

新型ウイルスの流行によってリモートワークが急激に普及しました。

しかし、先程例に述べたように、リモートワーク下での集中力維持や業務効率の向上に課題を感じている人も多いのではないでしょうか。

よくある要因として、上司や同僚と直接顔を合わせないため、モチベーションが上がらなかったり、気持ちにゆるみが生まれることがあります。

また、生活空間と同じ場で働かなければならず、プライベートとの切り替えが空間的に難しいという背景もあります。

このような働き方の変化の中で、自分自身を管理する「セルフマネジメント」が注目を集めるようになりました。

■理由② 働き方改革の推進

厚生労働省も、「働き方改革」の一環として「リモートワーク(テレワーク)の推進」「時間当たりの効率性・生産性の向上」を掲げています。

それぞれの背景として、

少子高齢化に伴う労働人口の減少という社会的要因や、育児や介護との両立などの働くニーズにの多様化に応えるためと言われています。

また、改革の一環として時間外労働の規制が強化されたことにより、限られた時間で高いパフォーマンスを出すことが求められるようになりました。

以上の背景から、自分自身を律し、効率的にパフォーマンスを出せる「セルフマネジメント力」の注目度が高まっています。

※参考:首相官邸 働き方改革の実現

働き方改革で残業時間の上限が変わることによるリスクと対策方法を解説

セルフマネジメント能力を高める方法とは?

ビジネスシーンにおいて、自分自身の感情を律すること、すなわちセルフマネジメント力を高めるためには具体的に何をしたらよいかを見ていきましょう。

■方法①「モチベーションの公式」を活用する 

モチベーションの高さは、「目標の魅力」×「達成の可能性」×「危機感」で構成されていると考えられています。ここでは、それぞれの要素を高めるポイントについてお伝えします。

・目標の魅力(やりたい)を高める「ラダー効果」

ラダーとは日本語で「はしご」の意味で、ラダー効果とは物事を抽象化して(抽象のはしごを上って)捉えることによってモチベーションを高める技術です。

ルーチン業務を行っているメンバーなどは特に、目の前の仕事を「行動」として捉え、自分自身のやっていることに意味を見出せず、モチベーションが低下することがあります。 

そこで、業務の意義や背景、その仕事を通じて成し遂げられることなど、行動や業務を抽象化して捉えることで、モチベーションを高めることができます。

・達成可能性(やれそう)を高める「マイルストーン効果」

達成可能性を高めるためには、目標達成までの道のりを明確にすることが重要です。 大きな目標のみ掲げていると、目標が達成できるイメージが持てず、モチベーションが低下します。

マイルストーン(小目標)を設けどのようなプロセスで達成できるのか、イメージを持つことで達成可能性を感じられるようになります。

・危機感(やらなきゃ)を高める「コミットメント効果」

人間は、ひとたび自分が決定を下したり、ある立場を取ったりすると、自分の中でその「一貫性」を保とうとする圧力がかかります(一貫性の原理)。

そのため、自分で決めた目標を周囲に発信し、自らのコミットメントを引き出すことで効果的な危機感を醸成することができます。

参考:モチベーションをアップさせる方法は?原因や組織レベルで行う施策を解説

■方法②「スイッチ&フォーカス」を活用する 

続いて、「セルフマネジメントがうまくできていないな…」と感じたとき、すぐに使える「思考」の切り替え方を5つ、例とともにお伝えします。

・「タイムスイッチ」:「時間」を短期⇔長期、過去⇔未来と切り替える

(例:「希望の部署じゃないけれど、将来の専門性を高めるためにはいい経験だ」)

・「ズームスイッチ」:「視界」を、低⇔高、狭⇔広と切り替える

(例:「あの人がこんな発言をするのは、今○○という仕事をしているからなんだな」)

・「ゴールフォーカス」:「ゴール」に立ちかえり、目的視点から現状を見る

(例:「昔のやり方のほうがいいと思っていたけれど、目的に立ち返ると今の手法が適切だな」)

・「チャンスフォーカス」:隠されたチャンスに目をむけ、チャンスの視点から現状を見る

(例:「ただのメールだけど、この一通から大型案件の受注が決まるかもしれない」)

・「リスクフォーカス」:奥に潜んだリスクの視点から現状を見る

(例:「重要じゃない仕事と思っていたけれど、自分がミスをしたら他の部署が困るな」)

人間は「限定合理的な感情人」であるからこそ、セルフマネジメントがうまくいかない瞬間が誰でもあります。そんな時、「スイッチ&フォーカス」で思考を切り替え、素早く行動を変えてみましょう。

セルフマネジメントで実現可能な働き方

■働き方①リモートワーク

個々人のセルフマネジメント力が高まれば、リモートワーク下での個人の生産性が高まり、会社としての生産性も高まります。

リモートワークとは、デジタルツールを利用した時間や場所にとらわれない自由な働き方のことを指します。また、リモートワークと一口に言っても、働く場所や環境の違いで細かく分類することができます。

代表的な分類の1つ目としては、従業員の自宅で勤務をする「在宅勤務」、2つ目に、取引先のオフィスや移動中の車内や駅、カフェなどで働く「モバイルワーク」、3つ目にコワーキングスペースやシェアオフィス、レンタルオフィスなどの、専門の事業者が提供している施設で勤務をする「サテライトオフィス勤務」があります。

どの分類においても、セルフマネジメント力のあるビジネスマンは生産性の高いリモートワークができることでしょう。

※参考:在宅勤務(テレワーク)普及に伴い増加した人事課題の解決策とは?生産性向上に必要なマネジメントについて

■働き方②ティール組織

ティール組織とは、非中央集権型・非階層型の組織の理念形のことで、VUCA時代に新たに誕生した組織モデルのことです。

注意点として、ティール組織を成立させるためには、「結節点」となる管理者やマネージャーがいないと、個々のセルフマネジメント力が高くても成立しないことを認識しておく必要があります。

なぜかというと、組織というのは人の集まりであり、人同士の関係性のネットワークです。例えば、10人のチームなら10×9÷2で45本、100人なら100×99÷2で4950本の関係性が存在します。

すなわち、組織の規模が大きくなればなるほど、いくら個々人が自己管理できていたとしても、関係者との結節がうまくできないことで、組織は崩壊してしまいます。

よって、結節点が存在することが前提にはなりますが、セルフマネジメント力の高い個人が集まる組織では、「個々人が自分らしさを発揮しながら、能動的に意思決定をおこない、動くことができる組織」、ティール組織を実現することができます。

※参考:ティール組織とは?組織フェーズ5段階と必要な3要素を解説

■働き方③パラレルキャリア

パラレルキャリアとは、経営学者のピーター・F・ドラッカーによって提唱された言葉で、本業を持ちながら第二の活動をすることです。

第二の活動に明確な定義はなく、別の企業への就職や自営業のみならず、ボランティア活動など、「キャリアアップやスキルアップ、本業では得られない経験」などを目的としていることが多くあります。

ひとつの仕事を本業ととらえず、すべての仕事、活動に本業と同じように取り組むことがあるため「複業」と言われることもあります。

セルフマネジメント力の高い人は、効率よく業務を行い、また、一時の感情に左右されないことによって、様々なキャリアに自ら挑戦することができます。

※参考:パラレルキャリアとは?企業のメリットや導入する方法について徹底解説

【参考資料のご紹介】
エンゲージメント向上に成功した企業・部署のトップが実際に語った事例資料「日本一働きがいのある会社~部署が変われば企業が変わる~」はこちらからダウンロードいただけます。

  日本一働きがいのある会社~部署が変われば企業が変わる~|組織改善ならモチベーションクラウド 日本一「働きがいのある会社」はどのようにつくられたのか。業績にも繋がった部署別の具体的な施策から組織状態を定量的に示すスコア推移まで。経営者が語る、過去から現在に至るまでの成長の軌跡とは。 株式会社リンクアンドモチベーション


記事まとめ

いかがでしたでしょうか。セルフマネジメント力が高い人はどんな環境下においても安定的にパフォーマンスを出すことができます。

また、働き方改革も進み労働環境が変化する中、「セルフマネジメント力」の高い人の市場価値は上がっています。

ご自身が納得いくキャリアを歩むための一つの考え方として、また、変化する環境に対応する為の解決策の一つとして、ぜひ「セルフマネジメント」に着目する、そんなきっかけになればと思います。

  働きがいのある会社・組織のつくり方:ミドルマネジメント編 株式会社竹中工務店様、東急建設株式会社様、TIS株式会社様、楽天グループ株式会社様。 日本を牽引する4企業様が管理職及びミドルマネジメントの育成にどのように取り組んでいるのか。実際の施策例も踏まえ取材をさせていただきました。また、組織や人への考え方や想いも伺えた貴重なインタビュー集です! 株式会社リンクアンドモチベーション
  エンゲージメントとは?メリットや高める方法について解説|組織改善ならモチベーションクラウド | 株式会社リンクアンドモチベーション 昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。何故、今のこの時代に「エンゲージメント」と…[HR2048]|モチベーションクラウド 株式会社リンクアンドモチベーション
  働きがいとは?SDGsでも着目される働きがいの意味や業績向上にも寄与する取組みとは?|組織改善ならモチベーションクラウド | 株式会社リンクアンドモチベーション 「働き方改革」で日本の労働環境は大きな変化を遂げていますが、コロナ禍でテレワークなども普及する中、時間に縛られる働き方から成果ややりがいを基準とした働き方に切り替える「働きがい改…[HR2048]|モチベーションクラウド 株式会社リンクアンドモチベーション




LM編集部
LM編集部

理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。

おすすめコラム

心理的安全性とは?効果や測定方法、作り方について徹底解説

生産性の高いチームづくりのためには「心理的安全性」が重要だとよく言われるようになりました。コロナ禍、リモートワークの一般化が進む中でコミュニケーション…

ホワイト企業とは?認定の基準や特徴、企業例を紹介

近年、「働き方改革」や「新型コロナウイルスの影響」による個々人の仕事・働き方への意識の変化が大きくなっています。それに伴って、「新卒の離職率が高い」…

エンゲージメントとは?メリットや高める方法について解説

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…

慶弔休暇とは?取得できる日数や注意点、対象となるケースや導入方法を解説

皆さんは「慶弔休暇」をご存じでしょうか?慶弔は「けいちょう」と読み、慶弔休暇とは喜ばしく祝う出来事である「慶事」、おくやみごとや不幸な出来事である「弔…

自己効力感とは?3つのタイプや高めるための方法、自己肯定感との違いも解説

自己効力感とは、自分がある状況において、目標達成したり、遂行できる可能性を認知していることを指します。その自己効力感を強く持てる人材は、ビジネスシーン…
マネジメントとは?定義や役割・必要なスキルを解説

マネジメントとは? 定義や役割・今後必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

注目コラム

エンゲージメントとは?意味やメリット、向上させる方法について

エンゲージメントとは? 意味やメリット、向上させる方法について

昨今「エンゲージメント」という言葉が多数聞かれるようになりました。しかし「エンゲージメント」と一言で言っても、その意味は広義に渡ります。…
従業員エンゲージメントとは?測定方法や企業事例を紹介

従業員エンゲージメントとは? 測定方法や企業事例を紹介

昨今、多くの企業で「従業員エンゲージメント」を向上させるための取組みが進んでいます。企業と従業員がともに成長するために非常に重要な考え方ですが、…
エンゲージメントサーベイとは?従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

エンゲージメントサーベイとは? 従業員満足度調査との違いや効果、具体的な活用方法

昨今、働き方改革の流れの中で、労働時間の削減といった量に関してのみならず、生産性向上といった質に関するテーマにも注目が集まっています。…
組織診断・組織サーベイとは何か

組織診断・組織サーベイとは何か

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークなどの影響から職場のコミュニケーション不足やマネジメント不全が生じ、組織やマネジメントの「見える化」のための…
従業員満足度の重要性とは?満足度を向上させる方法や事例を紹介

従業員満足度の重要性とは? 満足度を向上させる方法や事例を紹介

「ダイバーシティ経営の実現」「従業員ストレスチェックの義務化」など企業活動において、顧客満足度の追求のみならず、従業員に対する施策の実施も求められる…
マネジメントとは?定義や役割・必要なスキルを解説

マネジメントとは? 定義や役割・必要なスキルを解説

皆さんは「マネジメント」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?どんな組織においても必要なスキルであることは間違いない一方で、その言葉の定義や…

新着記事

ナレッジマネジメントとは?重要性や導入手順は?企業事例も紹介

ナレッジマネジメントという言葉をご存知でしょうか? 企業経営は「ヒト」に行き着くと言われていますが、昨今この価値の源泉である「ヒト」の「流動化」が活発になってきています。これは企業にとって大きなチャンスでもあれば、「ヒト」の中に眠る知識や経験の流出をもたらす危機でもあります。 企業が継続的な成長・存続を行っていく上では、「ヒト」の中に眠るナレッジ(知識や経験)をいかに社内の資産に変え、新たなナレッジを作り出していくことができるかが鍵となります。

メンタルヘルスとは?職場における意味や有効なメンタルヘルス対策について

「健康経営」に欠かせないメンタルヘルス対策。昨今では、テレワークの普及によって新たなストレスに晒される従業員も増えており、メンタルヘルスへの注目がこれまで以上に集まっています。 過度のストレスは働く人のメンタルヘルスに悪影響を及ぼすのみならず、生産性を低下させたり事故を引き起こしたりする危険性があり、職場におけるメンタルヘルス対策は大きな課題です。 今回は、なぜメンタルヘルスが重要視されているのか、また対策の基本的な考え方などをご紹介します。

セルフマネジメントとは?重要性やセルフマネジメント能力を高める方法を解説

皆さんは「セルフマネジメント」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 直訳すると「自己管理」という意味ですが、近年ビジネスシーンでその重要性が注目されています。 本記事では、セルフマネジメントの重要性やなぜ注目されるのか、また、具体的なセルフマネジメントの方法についてお伝えします。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味を持っています

コーチングとは?仕事における意味や効果的なやり方などを解説

2021-06-26

人材育成の手法として、コーチングに注目する企業が増えています。 今回は、コーチングとは何か、その定義や歴史、また活用する際のメリット・デメリットや、スキルアップ方法などをご紹介します。

リンクアンドモチベーション 執行役員 麻野耕司 「HR後進国、日本の未来」

2016-11-01

オウンドメデイアのタイトル名にも通じる、新連載。未来(2048年)を見つめるインタビュー。現在の問題意識と未来の展望をテーマに、新しい組織のあり方を模索し、働き方を改革している様々なリーダーに迫っていきます。第1回目は、リンクアンドモチベーションの麻野氏。コンサルタントとして、クライアントの組織変革に携わる以外にも、数々の成長ベンチャー企業に社外取締役としても名を連ねる組織人事のスペシャリストが見つめる未来とは

メンタルヘルスとは?職場における意味や有効なメンタルヘルス対策について

2021-11-01

「健康経営」に欠かせないメンタルヘルス対策。昨今では、テレワークの普及によって新たなストレスに晒される従業員も増えており、メンタルヘルスへの注目がこれまで以上に集まっています。 過度のストレスは働く人のメンタルヘルスに悪影響を及ぼすのみならず、生産性を低下させたり事故を引き起こしたりする危険性があり、職場におけるメンタルヘルス対策は大きな課題です。 今回は、なぜメンタルヘルスが重要視されているのか、また対策の基本的な考え方などをご紹介します。

ブラック企業の定義とは?特徴やブラック企業と認知されるデメリットについて解説

2021-10-29

皆さんは「ブラック企業」と聞いてどのような印象を持たれるでしょうか?長時間労働、劣悪な職場環境、残業代の未払い等、様々な印象を持つことと思います。 多様な解釈が出来る「ブラック企業」の定義を理解しておくことで、自社の組織状態の強化や予防にも活かす事にも繋がります。以下にブラック企業について整理をしますので、一緒に見ていきましょう。

週休3日制とは?メリット・デメリットは?導入方法や企業事例も紹介

2021-10-29

近年一部の企業で先行的に導入が始まり、注目を集めている週休3日制。 本記事ではなぜいま週休3日制が注目されているのか、そのメリット・デメリット、導入時に押さえておくべきポイントなどを事例を踏まえご説明していきます。

産業医面談とは?種類ごとの目的や企業が注意すべき対応とは?

2021-10-29

ワークライフバランスや働き方の変化に注目が集まる昨今、身体的な健康のみではなく精神的な健康が重要視されてきています。 企業においても従業員の心身の健康に責任を求められ、それが成されない場合従業員の不幸と共に大きなブランドイメージや利益の損失に繋がります。 本記事では「産業医面談」にフォーカスし、どのような内容か、どう導入・運用すれば従業員の心身の健康に繋がるのかをご紹介します。

あなたの組織にも、課題はありませんか?

組織改善のお役立ち資料が無料ダウンロードできます

3分でわかる モチベーションクラウド

3分でわかるモチベーションクラウド

モチベーションクラウド 入門ガイド

モチベーションクラウド入門ガイド

日本一働きがいのある会社

日本一働きがいのある会社