Case

導入事例

普段見えない組織状態が、
肌感覚ではなく
数値で比較・把握できるようになった

株式会社ネオキャリア 専務取締役 加藤 賢氏

事業内容
HRTech事業、人材事業、ヘルスケア事業、海外事業を軸に40を超えるサービスを展開
業種
その他法人向け専門サービス
従業員数
1001~3000名(導入時)

課題

  • 事業部・拠点が増え、組織状態を肌感覚で把握することが難しくなった
  • 売上や利益という事業数字がマネジメントの指標になっていた

効果

  • 事業部・拠点の組織状態が明確な数値で表された
  • マネージャーが売上・利益の前に、組織をつくる思考へと変化した

複数事業・拠点の組織状態がエンゲージメントスコアという数値で表される

ネオキャリアは、国内外に40以上の事業部、80以上の拠点を構えており、すでに一人ひとりの様子を肌感覚だけで把握できる規模ではなくなってきました。また、各事業部に積極的な権限委譲を行っているため、同じ会社とはいえ、事業部ごとに状況が異なっており、各事業部の現状を捉える上で、売上や利益・前年対比の伸び率などはもちろん見えるものの、それだけでは実際の組織のコンディションはわからないなと感じていました。

そこで、組織の実態を捉えることができる指標を求め、モチベーションクラウドを導入しました。その結果、経営陣が各事業部に対して持っていた印象が、明確に数値で表されており、非常に納得感がありました。

売上や利益という事業的な数字だけでなく、エンゲージメントスコアという組織的な数字がネオキャリアの経営指標に加わりました。

エンゲージメントスコアによる組織改善のPDCAサイクルが各現場で回る

今では、半年に一度サーベイを実施しています。各事業部のエンゲージメントスコアは、事業部や拠点の責任者の評価指標の一つとして組み込んでいます。そうすることによって、各現場で組織改善のPDCAサイクルが回り始めました。今までは「売上の数字をどう上げるか」という思考だったマネージャーも「どうやって組織をよりよくし、お客様に価値貢献するか、結果として売上につながるのか」という思考に変化してきました。

組織について考えることによって、経営の当事者であるという意識が高まり、現場マネージャーの視界が上がったと感じます。「成長」や「機会」を求めてネオキャリアに入社をしてきているので、「自分の手で組織を創る」という経験や、それが数字として表れ評価されるということは、非常にマネージャー達のモチベーションを高めていると思います。

※本事例中に記載の肩書きや数値、
固有名詞や場所等は取材当時のものです。

あなたの組織には、今どんな課題がありますか。
モチベーションクラウドなら組織を可視化・診断し、
課題を解決することができます。